2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.07 (Tue)

笛子レッスン風景

楽器屋さんの笛子レッスンのことは極力書かないことにしてたんですが、こんな日もありました。

◆1時間目と2時間目は葫芦絲のレッスン。
初めて習った葫芦絲の独奏曲を時間を(何年か)おいて再びという某生徒さん2。
・・・夢中で楽譜を追ってた頃と自分の音楽を表現する2さんの今。
すばらし~!!
・・・・・わたしも初心に戻って頑張るっ!

◆3時間目と4時間目は 各笛子個人レッスン。
某生徒さん4のレッスンでの希望は笛子で中国映画曲や中華歌謡の演奏を楽しみたいとのこと。
演奏レベルに合わせたメロディをいくつか紹介して、レッスンを重ねています。

そんな中、4さんはYoutubeで検索・研究することが楽しみになったとかで
さらに中国系映画のDVD観賞まで始めるようになったと楽しそうに話しておられました。
「次はこれ吹けるようになりたいです!」とスマートフォン画面をぺぺっとくって笛子演奏動画を表示。
・・・うぬぬ、知らん曲やけど、ええやんこの曲。ちょっと楽譜探してみようかなーーな発見&新曲チャレンジが楽しみでもあります♪

◆5時間目 明笛持参の生徒さん5。
レッスン目的は中国笛でななく、地域のお祭りのお囃子につかう明笛(みんてき)の指導。
この明笛、江戸時代に長崎などで流行ったとされる明清楽の明笛とは別のもの。
吹き口と指孔の間にある孔に膜を貼るというのは前者そして笛子と同じ。
だだし膜の素材は竹膜。竹膜は高価で手に入りにくいのでラップなどで代用される人が多いとか。
5さんは現在は笛子の膜、すなわち葦膜を貼ってます。

体験レッスンに来られた当初は当然ながらお囃子知らないし、音階が独特。
知識無い私が講師としてレッスンが成立するのか?
・・・5さん:笛そのものを安定して音を出せるようになりたい、そしてお囃子がもっと上手く吹けるようになりたいので是非受講したい。
生徒5さんの話と、動画やネット検索しまくりで独特の運指とお囃子のメロディがちょっとばかしわかってきた。
というところから始まって一緒にお囃子を勉強させていただいております。
なかなか楽しいお囃子であります。アレンジもちょこっと入れるとカッコイイ♪
お祭り、行ってみたい聴いてみたい。そんな気になりますね。

笛子と明笛 
【画像】上:笛子 / 下:明笛
  *   *   *   *   *

この一日の前に私も家で(こっそり)必死のパッチでレッスンの予習復習などをするのですが、
音楽大学で学んだわけでもなく、民族楽器の本場に定期的に通って学んでいるわけでもない私ごときが、ご縁あって楽器屋開店から10年以上にわたって後進の指導をさせていただいてるわけですよね。
いつもいつも、いろいろな面で私を育ててくださる生徒さんたちに毎回感謝しております。

それと、フォローし続けてくださってる楽器屋しゃっちょーにも大感謝。
みなさまのお蔭で、私も笛子を続けさせていただいてます。

地味に、一つのことをずっと続ける、続けられること嬉しい限り。
関連記事
23:11  |  笛子 dizi と笛の仲間  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。