2016年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2016.01.30 (Sat)

小江南曲社 新春聯歓会

小江南曲社 新春聯歓会にて江南絲竹を楽しんでまいりました。
小河で魚が泳ぐかのようにたゆたゆとした空気感、
心地いい音がゆっくり流れる、そんな耳福な時間でした。
IMG_5071.jpg
最も好きな曲目、
春江花月夜のお気に入りCDの琵琶奏者の演奏が生で、しかも極近の距離で聴けたことも耳福。
実は私のメールアドレスは「春江花月夜」のメロディの数字譜なんですよ。
そして第4部は愛好者も参加型の演奏の企画
12647539_916542201800697_4052164481437482590_n - コピー
じつはこのときのメンバー、
天翔擦弦チームのかたまりと、元オーケストラ華夏のかたまり。
オーケストラ華夏のオープニングコンサートは神戸朝日ホールで開催でしたが、
その前日、リハーサルした共通の思い入れのある会場で仲間たちとまたここで演奏を楽しめるとは!
いろんなことが走馬灯のように脳裏を走り(←大げさ!)なんとも感慨深いものがありました。
聴いた1部、2部、3部、交流の4部、そして懇親会5部、とほんとに絲竹三昧の濃いぃ楽しい時間となりました。
主催者Mさん、参加されたみなさま、お疲れさまでした&ありがとうございました~!
IMG_5036.jpg
関連記事
23:45  |  Live♪ 聴いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.11 (Mon)

猿を弾いて災厄が去る(サル)~

災厄を弾き去る(=さる)まじないの郷土玩具である『弾(はじ)き猿』のワークショップがあると知り、
大好きな日本玩具博物館へ遊びに行ってまいりました。

日本玩具博物館 http://www.japan-toy-museum.org/

お正月の玩具博物館1号館
今の企画展は猿のおもちゃ。
昨年末はクリスマス展優先で観覧したので、今回はじっくり猿のおもちゃ中心にゆっくり鑑賞しました。

◆ワークショップで作るのは「弾き猿」ということで、先に展示の弾き猿の数々をじっくりと。
弾き猿1 弾き猿2 弾き猿3 

弾き猿4 弾き猿5 弾き猿6

◆ワークショップ開始
竹ひご、曲げ加工した竹板、竹筒、和紙、赤い布きれ、綿、金紙、など材料、ハサミ、のり付け紙や接着剤などの用具も使い勝手よくセットされた6号館テラスへ。

学芸員O女史のわかりやすい説明に従って弾き猿を制作。
同じ材料を使ったのですが個々に個性的な『弾き猿』が完成しました~。

ご一緒した知人が制作後半の様子をスマホで撮影されてました。
[広告] VPS

ピンピンと弾いて楽しむ子どもたち。
まだ作ってるおとな。
館長さんや学芸員O女史のアドバイスを受けてみんなで楽しいひと時を共有させていただきました。

日本玩具博物館 HP内 学芸員室から Vol.191 
http://www.japan-toy-museum.org/new_gakugeisitu.htm 

楽しい楽しい制作後も帰りの車でも、帰宅後も「厄がサル」「痛いのんがサル」「しんどいのんサル」とぶつぶつ唱えながら弾き猿を弾いておりまする。
弾き猿 完成
身近な材料を工夫してできた郷土玩具の楽しさをまた一つ教わりました。


お正月の6号館より庭を見る
こちらは6号館から見た庭。手入れが行き届き、季節を感じる庭ですね。

館長さん、学芸員O女史、ありがとうございました~。
関連記事
23:32  |  雑貨&favorite  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.01 (Fri)

2016 あけましておめでとうございます

恒例の書寫山圓教寺での年越しでした。

いつもと順序をプチ入れ替え。
先に摩尼殿にて年明けの瞬間を待ちました。
年越し2015  漢字待ち2016 


今年の漢字2016

新年の希望や夢を託した『今年の漢字』は「徳」
今年の漢字2016 徳

この漢字にならって今年は徳を養う一年にしたいものです。

・・と思った矢先、おみくじが 凶とでた。。
徳を養うためのスタートラインですかね。
おみくじ2016

除夜の鐘をついて煩悩を消して心清らかに新年を迎えましょう。
除夜の鐘 一隅を照らす 除夜の鐘2016

凛とした澄み切った空気の中、書写の山から姫路はもとより、明石大橋まで見渡せました。
書写ロープウエー
・・・ロープウエーはいつから「うみひこ」「やまひこ」が「官兵衛」「しろまる姫」になったんだっけ。

平成26年。始ったばかりです。今年はどんな年にしようかな。
謹賀新年2016総社 
播磨国総社にて


本年もどうぞよろしくおねがいいたします。


関連記事
14:14  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |