2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.07.20 (Mon)

滝の茶屋かえるまつり

青春18切符有効期間初日は新大阪にて二胡さんとの合わせ。
2時間で20曲以上をが~~~っと。スタジオ後にして2人で甘いもん食べながら詳細打ち合わせ。
お昼抜きだったこともありやっと脳みそが活性化してきましたよ。

帰りにJR塩屋下車。隣接して山陽塩屋駅。
山電は一駅くらい余裕で歩ける距離のところが多いのです。
で、山陽塩屋から滝の茶屋まで徒歩で大好きなfavoitaさんへ。
大阪からの帰り、みちくさしてこちらに寄るときはたいていこのコースかな。

まだ間に合う、と前々から気になってた‘かえるまつり’に寄ってきました。
IMG_3456.jpg

海辺の国道を歩いて移動。線路に沿って歩くとホームと海が見えてきます~。
IMG_3460S.jpg

残念ながらおススメされたカエル色カレーはSOLDOUTでありましたが、
気になってた雑貨屋さんもちょっとのぞけました。

そしてお引越ししてリニューアルされたFavoritaへ。
店主ちなみさんのほんわり笑顔とちょっとしたおしゃべりに癒されてまいりました。

期間限定の和菓子セット。
IMG_3463.jpg

選べるドリンク、普通に珈琲も美味しく淹れてくださるのですが、おススメのドリンクを所望。
ハーブの酵素と豆乳となんやらをシェイクしたオリジナル。これがもうさっぱりと私好みの味♪
かえる大福も美味しゅうございました。

IMG_3462.jpg
大福アップ!

常用グッズと夏らしいヘアゴムを購入。
自宅用ですがこんなお洒落なラッピング♪
IMG_3467.jpg
剥がしてしまいましたが、ペーパーバッグの口を止めるマスキングテープもかえる柄だったんですよ。
いろんなところで小さなこだわり、センスが光るちなみさんのお店にまたチャンス見つけてみちくさ食います~。

滞在時間1時間弱だけでしたが滝の茶屋かえるまつりの一端、ほっこりいたしました。
来年はゆっくりできたらいいな。
関連記事
23:39  |  雑貨&favorite  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.17 (Fri)

お外でさくさくと、、

楽団使用の譜面は原版表記の簡譜(数字譜)または五線譜。
インターネット上のメンバー共有ファイルに楽譜、音源、その他が担当者によってきちんと整理されております。

曲目によっては最初からパート譜が存在するものと、総譜から写譜したものがあるものもあります。
無いものは各パート、または各自が総譜から必要部分を簡譜または五線譜で写譜。

私の担当の笛子の場合
1.曲によっては梆笛(高音域の笛)
2.曲笛(中音域)
3.新笛(笛膜の存在しない笛)
の3種の笛に加え、それぞれが2部に分かれていたり、
梆笛に至ってはさらに音域の高い小笛パートも存在。
またまたさらに全長5~6センチほどの口笛(コウディと読みます)や洞簫(縦笛)などもたいてい梆笛奏者が兼任いたしますの。

現在、楽団では管楽器奏者は笙と笛子の2人のみ。
笙奏者は高音笙と中音笙を使い分け、笛子奏者の私は各種笛子を常に10本ほど準備しとっかえひっかえ吹いております。

秋の定演にむけての大曲のパート譜は1曲でA4サイズで3~6枚程度。
梆笛、曲笛、新笛で3種のパート譜。
奏者ワタクシ一人。(しつこい?(笑))
必要な個所をピックアップして必要に応じて笛の持ち替えをするわけですが、
スムーズにそれをするためには楽譜整理が必要であります。
3~6枚×3をペラペラめくりながら吹けませんもんね。

で、楽譜ソフトにガ~ッと打ち込んでとりあえず見た目には整理できると、どこをどの調の笛で吹くかがなんとなく見えてくると
吹いてもないのに、出来た~!な気分になるのであります。

そういう作業をちゃっちゃと済ませることが出来ておれば練習につぐ練習が可能なのですが、
如何せん、私には1日24時間しかなく、なんやかやで切羽詰らないと取り掛かれなくて
直前に焦り、猛反省するというパターンに陥るのであります。

Titleの「お外でさくさくと」ですがその印刷作業でのこと。
切羽詰って楽譜ソフトに打ち込んだ楽譜、いざ印刷しようとすると
プリンターが言うこときいてくれない。
最近のプリンターはお利口さんすぎて融通がききません。
白黒の楽譜印刷するのにライトなんちゃら?って色のインクが足らんからと仕事放棄するんですわ。
文具屋その他、購入できる店舗の営業時間をすぎてたので、とりあえずスマホとタブレットとPCで共有できるファイルに保存。

楽器屋へ向かう電車の中で検索した、コンビニで印刷できるスマホアプリを入手。
印刷が必要な楽譜ファイルをアプリのガイドに沿って登録。
fc2blog_201507170359314a4.jpg

楽器屋到着後、空き時間に隣のビルに入ってるコンビニにて機械端末のガイドに従ってぴっぴっと画面を押せば、
美しく印刷された楽譜が出てきました~!ぱちぱち。

おうちでできなくてもお外でさくさく。
また便利なものをひとつ知りました。

しか~し、一番さくさくなのは自宅プリンターが普通に印刷できることですよね。

とかなんとかこういうブログ書いてるまに楽譜をつくれ、練習せい!ってか。

只今別曲の楽譜制作中なれど、現実逃避中(笑)
関連記事
04:45  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.17 (Fri)

マイナーチェンジ

このブログのメニューとメインの並びを左右入れ替えてみました。

どうかな。

ちなみに前のはコレ。
→カウンターが70707だったので記念に撮っといたのでした。

70707.png
関連記事
03:18  |  ブログネタ blog  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.13 (Mon)

レッサンフィリリ

ネパール大震災支援チャリティコンサート楽しく参加させていただきました。

4月に故郷が家族が知人が被災、思いを故郷に馳せながら日本で働くケシャリさん、ヤムさん、ナリさん。
チャリティイベントは、個人レベルで支援活動を行い集まった支援物資を村に届けたケシャリさんの報告から始まりました。


「レッサンフィリリ」
ヤムさんによると日本でいうと「赤とんぼ」のような存在の曲なんだそうです。
ネパールでガイドの仕事をされてたというヤムさん、登山のときなどよくレッサンフィリリを唄ってたそうです。
Youtubeやネットでもたくさん紹介されてますね。

サビの部分を一緒に唄うだけでも楽しかった♪
 レッサンピーリーリー 
 レッサンピーリーリー
 ウーレラジョンキ 
 ダーラマ バンジョン 
 レッサンピーリーリー

バンスリーを吹くヤムさん。
打楽器をうち、ダンスをするナリさん。
ネパールの民謡「レッサンフィリリ」の曲にのって会場中があたたかい気持ちになったことでしょう。

レッサンフィリリ fc2blog_20150728005610c50.jpg
この場面で舞台上は全員色違いのお揃いT着用♪


IMG_3447.jpg
ブルキナファソから来日中のミロゴ・ベノワさんと私たちパンチアウト・スチール・オーケストラもジョイントさせていただいての演奏。
ダンサー:ナリさんの艶っぽいダンスも加わって素敵に熱いライブタイムとなりました。

入り口で募金してくださった方が、帰りにまた募金してくださるシーンもあったとか。
たくさんの方々の気持ちの集まった支援を、またケシャリさんが確実に身のある形でネパールに届けてくださいます。

集まって下さったみなさま、ご一緒してくださったみなさま、この会を企画・準備で支えてくださったみなさま
ありがとうございました。
関連記事
23:55  |  音楽 misic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.12 (Sun)

【広報】ネパール大地震支援 チャリティーコンサート(7/13)

チャリティーコンサートで演奏します。

ネパール大地震支援 チャリティーコンサート

【日 時】  2015年 7月13日(月) 18::15~20;15
【会 場】  あぼしまち交流館 多目的ホール
        姫路市網干区余子浜12番地
       (臨時駐車場あり・山陽電鉄網干駅より徒歩7分)
【参加費】  無料(チャリティの趣旨に賛同していただき支援をお願いいたします)

【出 演】 ネパール民族楽器演奏
       パンチアウト・スチール・オーケストラ(スティールパン
       ミロゴ・ベノワ(ジャンベ・マルチプレイヤー)

ネパール震災支援コンサートちらし
      *     *     *     *     *     *     
あぼしまち交流館地図

          
※以上パンチアウト・スチール・オーケストラ ブログより全文引用


     *     *     *     *     *     *     

アジアンエスニック料理MAYAスタッフの方々(ネパール出身)とその方々に日頃お世話になっている人々が主催。
私自身も姫路中国音楽アンサンブルのメンバーたちと、
またパンチアウト・スチール・オーケストラのメンバーたちと、
また気心知れた友だちと、
何かあるごとに「MAYA」で食事&チャンスあればマヤスタッフの楽器演奏を楽しませていただいています。
マヤのスタッフたちと、旧交のあるミロゴ・ベノワさんとご一緒させていただくことになり、誰より参加したいのは私自身かもしれません。

遠くネパールの地の家族、仲間を思うケシャリさん、ヤムさん、ナリさんの人となりに触れ、チャリティの趣旨に賛同していただけたら幸いです。
関連記事

タグ : スティールパン

23:58  |  スティールパン steel pan  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |