2014年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.06.30 (Mon)

ちび葫芦絲デビュー!

天翔楽団の練習にて、
定期演奏会(11/16・クレオ西)の演奏曲目でこの子を採用することに決定いたしました!

ちび葫芦絲
画像謝謝:天翔楽団えり香さま

普通G調葫芦絲といえば大きいサイズのものなのですが、
こちらは一オクターブ音の高い、小G調葫芦絲。
演奏会で使用を想定にピッチを指定してお誂えでございますのよ、ほほほ。

出来上がってきたら思いのほかちび。
指孔間隔が狭すぎて普通に音階吹くのに苦労しております。
手ごわい子です。


真剣に吹く奏者。
音色をきいて顔がにやけてるのはその場で休符を数えてる団員だけでなく指揮者までも、。
ついでに奏者自身も。。。
な~んでか、それが知りたい方はぜひぜひ秋の天翔楽団の定期演奏会で体験してください。

ご案内は7月27日の香港文藝坊藝術團の演奏会(at守口文化センター)が終わったころに各方面でアップいたします、たぶん。

補足、葫芦絲奏者は現在しもやけではありません。
葫芦絲がちびなのです。念のため。
関連記事
00:21  |  葫芦絲 hulusi  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.22 (Sun)

いりこ工作舎の木彫り作品展&ゴーシュライブ

神戸で海岸を見渡せる駅:滝の茶屋。
駅から徒歩数十歩の距離にあるギャラリーファヴォリータにて
4日間限定開催中の「いりこ工作舎」木彫り作品展行ってきました。
ファヴォリータ http://www.favorita.jp/

ふくろう 森のたからもの

いりこ工作舎作品展

今日は子どもたち(:作品)に囲まれて作者の淑恵さんとジュンジュン先生・ミキヒトくんのトリオ“ゴーシュ”のライブ。
行けることになった時点で定員オーバーと知り、んではちょっと作品だけ見とこう立ち寄ってそのまま居座ってしまいました。
ラッキー♪
ファヴォリータ店主のちなみさん、ありがとうございました!


流行りの「アナと雪の女王」ならぬ「マナと大屋のメンズ」とともに場外スタンド席。
ガラス越しにネタが全部見えるのです。ふふふ。
スチールパン・ギター・パーカッションのトリオ”ゴーシュ”
淑恵さんが演奏してるのはウォータードラム。
水を張ったボウルに一回り小さいボウルを反対向けて浮かべて撥でたたくとポワンポワンと可愛い音がするんですね。(ひょうたん製ボウルの代用だそうです)

現役高校三年生の唄う将に「高校三年生」はじめ昭和の歌謡曲も交えての素敵ほんわかライブ、楽しゅうございました!

金魚付き
メダカもガラス越しにライブ鑑賞してたのかな。

そして、ドクダミブローチを連れて帰ってうちの子になりました。
いりこコレクション

いりこ工作舎コレクション♪わ~い♪
関連記事
23:40  |  Live♪ 聴いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.19 (Thu)

ちっちゃい葫芦絲♪

秋の定演向けにオーダーした笛の一つ、高音Gの葫芦絲。(画像左端)
ガン街
【左から高音G調葫芦絲/G調葫芦絲/G調巴烏/G調梆笛】

実際に使うかどうかはこれから練習する中で決めるんだけど、吹いててやたら陽気で軽やかな音色に笑けてしまいます。

高音=楽器は小さい=指孔間隔短い。
ちなみにとなりの大きい葫芦絲がG調葫芦絲。小G葫芦絲とは一オクターブ違い。
そしてその右の笛がG調巴烏:バウ。
葫芦絲とは兄弟楽器で、大きいほうの葫芦絲と同じ音域であります。
(葫芦絲や巴烏についての解説はこのブログの一番上、「中国笛のいろいろ」をご覧ください(PC表示))

ふくよか過ぎる私の指先一本で一個半の孔が塞がってしまい、普通に吹くとこれが音痴(-_-)せっかくいい笛ゲット出来たのに音痴にしか吹けなくてごめんなさい。
可笑しくて更に笑けてくるのをこらえてちまちま先っちょで指孔押さえて練習してたらば指が攣る攣る>_<

手ごわい子ですが仲良くなれるよう時間かけたいですね。
関連記事
23:18  |  葫芦絲 hulusi  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.10 (Tue)

観峰館 優雅な会場でミニコンサートでした。

初めて行く近江。
ちょっと遠いかなと思ったのは出かけるまでのこと。
愛車で観峰館へのプチ演奏旅は楽しい楽しい時間となりました。

演奏風景です
草原情歌

恐れ多くも清朝皇帝の離宮で、世界遺産でもある避暑山荘の中心となる
「澹泊敬誠殿(たんぱくけいせいでん)」を復元したコーナーが今回の舞台。
清朝を代表する建築物ということで衣装には貴妃服もどきをセレクトいたしました。

姑蘇行
※撮影謝謝:T学芸員さま

学芸員の一人が私と同じ町内出身と分かり二人盛り上がりの控え室。
開演したらば、高校時代の先輩が最前列に、その隣は葫芦絲仲間と神戸のからの葫芦絲愛好者の方々!
…と脇汗かきながらの一曲目でした。

MCはマイク使用しましたが、演奏は生音。
演奏は笛子(梆笛と曲笛)、洞簫、葫芦絲、口笛を使用。

こちらの空間、残響が長めですね。
思った以上に音が飛んで心地よく響く会場で私のいた場所では
特にゆったり目の曲目は吹いてて心がどっかに行ってしまいそうになるくらい気持が良かったです。
調子こいて予定よりかなり時間オーバーしてしまいました。トークが(笑)。
何のためにストップウォッチで演奏時間測ってエクセルで計算して曲目減らしたり曲のサイズ縮小したのか。。。
すみません。反省しております。

といいつつ、機会があるならこちらで「塤(XUN:シュン けん)」を吹いてみたいものです。

いろんなご縁に感謝の楽しい楽しい時間はあっという間。
終了後、学芸員さんに解説していただきながら館内巡り。ほんとに素敵な空間!
もうちょっと近かったらきっとリピーター率高くなることでしょう。

現在増設中の展示室が完成したら是非ともまた訪れたい場所です!ほんとに。

ウン十年ぶりに再会した琵琶太郎先輩、葫芦絲仲間のTさんとはるばる神戸から駆けつけてくださった葫芦絲仲間のみなさん、同郷の学芸員さん、心遣いあふれる館のスタッフのみなさん、終演後声をかけてくださったお客さま、
みなさまのお蔭でこちらで過ごした時間がとてもとても充実し、ワクワクがやみませんでした。

この日ご縁のあった皆さまに感謝。
ほんとうにありがとうございました!
関連記事
02:41  |  Live♪ 吹いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.04 (Wed)

【広報】ギャラリートーク&ミニコンサート 6/8 at 滋賀県東近江市

「書道文化と世界を学ぶ」がメインテーマの博物館:観峰館にて笛子の演奏をいたします。
観峰館ミニコンサート20140608

観峰館 ギャラリートーク&ミニコンサート
【日時】2014年6月8日(日)13:00~
【場所】観峰館 http://www.kampokan.com/ 避暑山荘展示室
滋賀県東近江市五個荘竜田町136
TEL:0748-48-4141
【内容】
中国楽器のミニコンサートと、開催中の春季企画展「帖学派の作品」「頼 山陽と『日本外史』」の作品解説
13:00~ ミニコンサート
13:50~ ギャラリートーク
【参加料】
入館料 : 500円

  *  *  *  *  *

会場となる避暑山荘は清朝皇帝の離宮内部を復元したものだそうです。すごっ!!
http://www.kampokan.com/permanent_exhibitions#h302
今からドキドキしておりまする。
*ギャラリートークは観峰館学芸員の方です。私のトークではありません、念のため(-_^)

こちらをまだ訪れたことはないのですが、HPを拝見して風情のある建物や展示に興味津々!
興味示されたみなさま、よろしければお運びくださいませ。
関連記事
21:00  |  Live♪ 広報!  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.03 (Tue)

ご褒美~

笛子でホタルコンサートinけいはんな記念公園(京都府相楽郡精華町)
スチールパンでカンカンカリビア~ン!なコンサートいnモエラド(大阪市西天満)
と県外での夜のコンサートを終えると帰宅は二日続けて午前様。
ご近所や家族の迷惑にならないようにそろりと玄関開けるとド~ンと大きな段ボール箱!!

うっふっふ~。
オーダーしていたあの子たちがやってきました。

葫芦絲がきた
G調巴烏(bawu:バウ)/G調葫芦絲(hulusi:フルス)/高音G調葫芦絲
頑張った私にご褒美です!!!
すぐに吹きたい衝動に駆られながらも、深夜なのでガマンガマン。
「晩に笛吹いたら蛇がでるで~」とおじいちゃんによく言われたもんです。

んで、早朝5時に目覚めて、ちょっと待ってから吹いてみました(ちなみに睡眠時間は2時間半ほど)
7時くらいになると堂々と吹けますね。
ふっふっふ~~~~~~♪
嬉しすぎ♪

普通使うことがない高音Gの葫芦絲。
ちっちゃすぎて1本の指で二つの孔が塞がってしまう。。。
猫背になりながらちまちまと音階練習したいところなれど、
この日はこの後、なんばの楽器屋さんにて生徒さんの待つレッスンにいかねばなりませぬ。

で、そのレッスンがおわったらばご褒美第二弾!!
山村誠一5DAYS 最終日、ゲストはニカさんこと二階堂和美しゃん♪
もうご褒美のためなら、睡眠時間確保なんてなんのその。
行ってきますです。
関連記事
01:01  |  葫芦絲 hulusi  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.03 (Tue)

缶・缶・カリビア~ン いい汗かきました

ホタルの余韻を味わいながらの帰宅。
目覚めた朝は「山村誠一5DAYS」 4日目の「カンカンカリビア~ン!」なるスチールパンライブ本番当日。
チェロパンを車に積み込んで大阪は西天満のライブ・バー・モエラドへ。

20140531モエラド縮小20140531モエラド裏縮小


最後列端っこの私の場所より、朝礼風景?なゲネの一場面。
モエラドゲネ

メンバーがfacebookに投稿していた言葉「たのしすぎ」がピタッとハマる、
奏者側に居てもそんなステージでした。

はたしてご覧いただいたお客さまはどう思われたか。
きっと同じ場で共感していただけたのでは!!

お越し下さったみなさまありがとうございました。
そしていつも叱咤叱咤叱咤、激励の先生方(笑)、共演の皆さま、ありがとうございました♪

ほんま たのしすぎ~~~。
関連記事
00:38  |  スティールパン steel pan  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.01 (Sun)

2014年のホタルコンサート

けいはんな記念公園 水景園でのホタルコンサート、無事終了いたしました。

5月末というのに30℃を超える暑さ。
そんな中、池の上に浮かぶ水景園観月楼のデッキは、小高い丘や橋や湿地に囲まれていて時折吹く風にしばし暑さを忘れる絶好のロケーション。

ゲネプロ → 本番 → 終了 と時間の経緯とともに炎天下の西陽が沈み、夕闇につつまれていくのを身を持って体感しました。
時間の移り変わり、こんなかんじ。
(*画像謝謝:吉美さん、SOUNDCREW田中さん)

ほたる2014ゲネ「
☆ゲネプロ

ほたる2014開演直前
☆開演前

ほたる2014開演しました
☆開演しました~

ほたる2014中盤
☆中盤かな

ほたる2041撤収後
☆撤収~

開演がこれまでより45分遅くなったことで、お客さまが西陽を浴びながらのプログラム前半、
ということが緩和されたようです。

ちょうど終演後にホタルの飛翔の見頃といった時間のながれでしたね。
観月楼上の池にはチカチカ、ほわ~っとホタルの光。
今年のホタル、たくさん楽しませていただけました。

お越し下さったお客さま、ありがとうございました。
公園スタッフ&ボランティアのみなさま、共演の記子さま、お疲れ様でした&ありがとうございました。
PAさん 感謝♪
関連記事
07:27  |  Live♪ 吹いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |