2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.30 (Tue)

笛膜保護器

笛膜カバー、いい感じです。

中国笛の特徴である笛膜。膜穴に笛膜を貼ることで息を入れた時に笛膜が振動し独特の響きをもたらします。
その笛膜が笛子の命。
竹に孔を開けただけの単純な笛ですが笛膜は繊細。
湿気や気温やに左右され、少しでも破損すると(穴が開くなど)音が変わったりでなくなったりするので
使用しない時の保管にも気を遣います。こんなときカバーの存在はありがたい。

以前の日記→http://bangd15.blog77.fc2.com/blog-entry-150.html

facebookで台湾の楽器屋さんの情報から存在を知った笛膜保護器なるもの
気になり、十三堂楽器のスタッフへ伝達。

中国音楽フェスティバルで「十三堂楽団」(十三堂の生徒さんたちの楽団)の指導のために来日(といっても過言ではない!)の際に持ってきてくださいました。

沙皮さん大感謝!

fc2_2013-04-30_01-40-54-019.jpg
関連記事
01:45  |  笛子 dizi  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.27 (Sat)

じぇじぇ!(‘ jj ’)

息抜きにアンデス吹いてたら愉しくなってきて
気づくと下唇がじんじん。

じぇじぇ!(`jj ') 水ぶくれが!
笛子が吹けませぬ。息抜きもホドホドに。(;´д`)

アンデス25は鍵盤型のリコーダーなんです。
鍵盤押さえて息を入れると中に仕組まれてる笛がなるというもの。
なんとも脱力感のある音にいやされますね。

fc2_2013-04-28_07-37-29-616.jpg


この楽器のデビューがきまりまして。わくわく。楽しく吹きたいな。

関連記事
21:33  |  笛子 dizi と笛の仲間  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.24 (Wed)

第3回中国音楽フェスティバル終了しました

晴天のもと、第3回中国音楽フェスティバルが円満に終了いたしました。

早朝6:30自宅出発。二台の車に分乗して我らが姫路中国音楽アンサンブルチームは会場であるクレオ中央を目指してドライブです。
朝ごはんとお昼ご飯と珈琲を仕込んでわいわいと遠足気分満々の楽しい道中。
いつもの仲間といつもの曲目。そんな安心感からわくわく、、、のはずが誰もみな前夜眠れず睡眠不足だったことを車中で知ってこれまた仲間意識が。

到着、楽器搬入、駐車場確保、すべて予定通りスムーズで一安心。

私は古巣であるこの姫路中国音楽アンサンブルはじめ複数の団体に参加。
当日の流れを各団体ごとに整理されたプリントを手に、自分で整理した「本日の私の流れ」表と照らし合わせてチェック。

舞台リハーサルと舞台外での練習のスケジュールに合わせてあっちゃこっちゃへ移動。
私のように複数参加であってもどこも重複せずうまく動けるように作られているのも
天翔スタッフ某大阮小僧氏の尽力のたまもの。素晴らしい!(ちなみに3つの出演グループすべて共演ですよね)
今回は出番と着替え以外の時間すべて客席にて観賞させていただきました。
どこのグループにもたいてい知り合いがいるのは関西中国音楽界ならでは。しかもどなたも気さくに話ができる方ばかり。こういうのは関西ならではと聞きますが、関東はじめほかの地域ではどうなんでしょね。

プロフェッショナルなバンドからほのぼのバンドまで
二胡が大半とはいえ、今回はフルスのエントリーも多かったですね。
古筝チーム、中阮&柳琴チーム、マリンバやリンベ(モンゴル笛)、しっかりした二胡斉奏チーム・・etc。
関西と名古屋のチームが多い中、九州の大牟田から、マレーシアからの参加も。
そしてどのチームも演奏はもちろんアイデアも素晴らしい!
やってくれるな、momoちゃん、ナルヲちゃん!!

31もの団体が出演したにもかかわらずほぼ定刻どおりにプログラムがすすめられていたことにも感動。
自分の出番の都合で直後や直前の演奏が客席から見聞きできなかったことが残念。

13時~19時半過ぎのプログラム。
時間だけ見たら長いのに、あっという間の楽しいわくわくな時間を先週日曜日の大団円に続き今週も持つことができました。
なんて幸せなことよ。

 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

自分の出演チームを振り返ってみました。
―画像、動画シェアさせていただいてありがとうございました>沙皮さん、陳くん、林くん。

◆プログラム1番 天翔楽団◆「金蛇狂舞」「竹歌」
中音フェス 天翔 

中音フェス 天翔 管楽器 :画像シェアfacebook沙皮さんより
スオナー&笛子のRくんと衣装がお揃いとわかり、出番直前の緞帳裏で二人で写メとってたことはナイショ(^_-)-☆

◆プログラム9番 姫路中国音楽アンサンブル◆「彩雲追月」「喜洋々」「絲綢之路」
中音フェス 姫中 :画像シェアfacebook林くんより

中音フェス 姫中2:画像シェアfacebook沙皮さんより

◆プログラム21番 十三堂楽団◆「林中夜会」「喜看麦田千層波」
:動画シェアfacebook陳くんより




しばらくレッスンを休講されてる高松在住の生徒さんはじめ笛子教室の生徒さん、
たくさんの友人知人も会場に来てくださってたようで、対面できなかったかたからメールをいただいたりで
このフェスティバルがどなたにとってもとても楽しいイベントであったことが伝わってきました。

また演奏後、ロビーなどで何人かの見知らぬ方から声をかけていただきました。
facebookで間接的に知ってる方からも。
思いがけず嬉しくなるような言葉をいただき、帰りの車の中でもニマニマしっぱなし。
笛子を続けててよかった。
アンサンブル、楽団、中国楽器、笛・・・やっぱりいいなぁ。好きだなぁと強く思う帰り道となりました。


  *  *  *  *  *
私が演奏に参加させていただいた複数の団体。
その一つである天翔楽団が運営をすべて引き受け、団員さんたちは当日に至るまでの準備計画をことこまかに立ててこの日を迎え、当日はプログラム1番に出演後は即、出演者をサポートするスタッフとなって任務を遂行されておりました。
楽団賛助奏者である私は「演奏」という美味しいとこだけ参加で、ご厚意でスタッフは免除という待遇。
ほんとのほんとに、このフェスティバルは天翔楽団メンバーさんなしでは成し得なかったでしょう。
頭がさがります。
天翔のみなさん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
お越し下さったみなさま、共演してくださったみなさま、スタッフのみなさま、すべてに感謝いたします。
関連記事
21:50  |  Live♪ 吹いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.18 (Thu)

【広報】中国音楽フェスティバル(4/21)プログラム

いよいよ4月21日(日)に迫りました中国音楽フェスティバル

各チームの出演順です。

ご来場下さるみなさま、出演のみなさま、長丁場ですね。
参考にしてくださいませ。

(13:00開演)
1.天翔楽団
2.大牟田フルス仲間
3.睡蓮
4.妙啼曲社
5.アレグロ合奏団
6.セレクションチーム@天華大阪
7.はがねチーム☆天華大阪
8.小江南曲社
9.姫路中国音楽アンサンブル
10.Xeno Quartet +
11.DaiQian古筝サロン
12.弾撥アンサンブル・東風1/f
13.しらべチーム@天華大阪
14.こころチーム@天華大阪
15.移情閣二胡同好会
16.許可二胡塾・紅豆
17.にこにこアンサンブル
18.紅蓮工廠音楽班
19.アジア図書館
20、マレーシア・ペナン州日新国民型中学華楽団
~休憩(17:10頃)~
21.十三堂楽団
22.BEAN-CURD
23.フォアフォア(花束)
24.長弓の会
25.シャングリラ
26.許可二胡塾緑豆楽団
27.聞韶二胡楽団
28、レディ葫芦絲合奏団
29、江南春琴行 中国楽器教室
30、紅梅
31、鳴尾弦楽団
(17:30頃終演予定)
関連記事
07:11  |  Live♪ 広報!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.18 (Thu)

大団円 ありがとうございました

快晴の空の下、大団円コンサートの朝です。

「お客様は神様です。お客さんに気持ちよく座っていただけるよう、手分けして椅子をきれいにしましょう」
芝生席を含めると1700席だったか、この会場の椅子を手分けして雑巾がけ。
バケツの水替えの往復10回はしたかな、楽団メンバーでは年長組の私、くじけそうになる前に周りの皆さまの計らいで楽させていただけました。

いろんな楽器のチームのライブてんこ盛りのイベントのホストバンドとして
我らがワンハーツ・スチール・オーケストラのメンバーは、出演者にもお客さまにも楽しんでいただけるよう、
もちろん自分たちも楽しめるようにそれぞれの持ち場で気持ちよく動いてたこと、
これすべてバンマスの山村誠一さんの思いがみんなに共通認識されてたからですね。

スタッフの役割を交替しながら会場でほかのチームのライブを思う存分楽しむ。
違うジャンルの音楽、楽器の方々と交流する。
何をしてても聴いててもワクワクがあふれてます。

会場で十三堂楽器の二胡の生徒さんを何人か発見!
笛子で共演するピアニストさんもお子さんと駆けつけてくれた!
当日になって何人もの知人がお越し下さったことにびっくりするやら嬉しやら♪

芝生席では物産展も。
大屋の物産展ではちみつとフルーツソースと、忘れちゃならないBIGLABOのガチャガチャ!
高知の物産では文旦!そして手ぬぐいをゲットして会場でライブを楽しみました。

バンマス山村氏とのこぎりのサキタハヂメ氏、そしてチチ松村氏のスペシャルトリオ『オーバーオールズ』
らんらん輝くお日様のもとでチチ松村さんが歌うは暗い歌。さらに山村さんも暗い歌。(笑)
サキタさんがあっかるい歌で〆。
お得気分です。なんたって歌うたったんですよ。この方々が!

ウキウキしてる間にそろそろ自分たちの出番の準備。
舞台転換も、楽器運びの段取りもすべて前もって組まれており、メンバーも共通理解できてたので
ほんにテキパキ気持ち良い転換。

そして楽器を前にステージから会場を見渡すと、にこやかに迎えてくれる友人知人の顔もくっきりとみえました。
緊張しながらもみんなとここにいることがほんとにうれしいたのしいひと時。

大団円 


一緒に飛んだり打ったり笑ったり。笑ったり、笑ったり(笑)
(はた目には飛んでない、音が聞えない、打面から目が離れてない、固い!楽しんでない)と見えるらしいのですが)
花粉症のせいでちょっとたりっとしたり、ぐすっとしたりはあったけどそんなん屁でもありませんわ。
とにかく楽しい時間はあっという間。あっという間に終わってしまいました。

片づけをぱ~~~っと済ませて楽屋でほかのチームメンバーもみんな一緒に軽い打ち上げ♪
おしゃべりに花が咲きました。
ちょっとお疲れモードでビールの番人してるふりして休憩してましたが、いろんな方が声をかけてくださっておしゃべり。
なにもかにも楽しい大団円でありました。

帰り道、プチ迷子になりながらの深夜ドライブ。
〆は地元でラーメン食べながら今日のワクワクを振り返ってお喋りは続きます。

あ~楽しかった。
お越し下さったみなさま、演奏を聴かせてくださったみなさま、スタッフのみなさま、
そしてワンハーツのみなさまありがとうございました!


 *    *    *    *    *

ワンハーツのブログに当日の様子が→http://onehartz.exblog.jp/20297061/
関連記事
00:34  |  スティールパン steel pan  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.16 (Tue)

大団円前夜

金曜日。久しぶりに仲間たちと飲み会。
このメンバーはmixiで出会ったり再会した高校時代を共に過ごした同級生。
仲間の一人が3年前に結婚し、揃ってその門出を祝った仲間たち。
楽しい楽しい時間を共有。

で、午前様帰宅。

早朝に目が覚め、ブレスレットを外し忘れてたことに気づき手をやると糸が切れて石が散乱!!
アナゴライトとムーンストーン。
fc2_2013-04-16_22-12-32-038.jpg

お守りにしてたのに・・と拾えるだけ拾い集めて・・。えぇ~ん。。
夕方のリハーサルに備えて二度寝体制にはいって数分後

ぐら~~~~~~~っと!!!!

揺れが止まったころにサイレンがなり、緊急放送で地震警告。震度5(O_O)とな。
引き続き余震。

怖い土曜の朝でした。

その後何事もなくてやれやれ。でした。


さあ、行くぞ!
マイチェロをうさぎ号に積み込んでギターS氏と合流。
デリーボーイにチェロパンを積み替えて、ギターパンと合わせて3+2で二人で5台。
服部緑地野外音楽堂に向かってドライブGO~♪
片道2時間ちょいのところへ余裕もって5時間以上前に出発という(私には無い)慎重さよ。

調整に調整をかさね(笑)、指定時間ピッタリにゲートをくぐって会場入り。

大阪はじめ、高知、大屋、そして姫路チームとワンハーツのメンバーが集結してのリハーサルが始まりました。

限られた時間内で新曲の初合わせとステージ進行の確認。
野外のステージということもあり、弾いている音と聴こえる音にタイムラグがでることなどをあらかじめ体感。
パートのズレがないようにすればまずはまとまりのある音楽に聞こえるはず、とキャプテンkさんを必ず視界に入れて弾くように心掛けて。

ざっと新曲を通す。新曲だから初めてなわけです。ここでワンハーツ全体であわせるのも。
明日はこれにサキタハヂメさんのノコギリが加わるわけですね。
なんかゾクゾクしてきました。

空にはうっすらお月様。

大団円前夜


  *  *  *  *  *

高知、大屋、姫路のメンバーと宿泊先へ移動。
そして移動中に目をつけていたモツ焼きの店で前夜祭。
いろいろ盛り上がりました。
この気分のまま明日の演奏会、楽しむぞ~、な前夜でありました。
関連記事
00:09  |  スティールパン steel pan  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.08 (Mon)

桜狂なり2

午前:難波 
午後:日本橋
夕方:難波・・・な土曜日。
午後から荒天模様との天気予報で大阪に向かうJR車中でも午後以降の運転を半分に減らし、
加えて「本日は早く帰宅してください」とアナウンスがあったほど。
夕方のレッスンを休講という選択肢もあったけど、生徒さんのほうから連絡がなければそのまま挙行ということで午前のレッスンの後、楽器屋から天翔楽団の練習場へ。

難波から日本橋へ移動中、
桜吹雪に誘われていつもと違う筋を歩くと小雨のなかで「さくらまつり」が行われてました。

fc2_2013-04-08_00-49-42-630.jpg 

そういえば昨春も移動中に桜が目につき、初めてこの公園の存在を知って通り抜けたことを思い出した!
10年以上、週末の難波や日本橋通いをしてて、いつもの通りを1本変えただけでミナミのど真ん中にこんな公園があるなんてびっくり。

...ちなみにこの公園の数十メートル右には道具屋筋、難波花月やワッハ大阪が、
左方向には黒門市場など、周りはなんというか・・夜の歓楽街ですかね。

fc2_2013-04-08_00-50-42-841.jpg

ビルの谷間に桜・さくら・咲いてる~~~♪
関連記事
01:20  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.05 (Fri)

桜狂なり

日曜日
姫路のパン仲間と大屋パンの学校のお稽古に参加。
練習会場のビッグラボへ行く道中にある「樽見の大桜」
まだ開花し始めたところででしたが、行った甲斐がありました。
パンを始めてご縁あって大屋へ行く機会も増え、こうやってこんな景色を楽むこともできたんですよね。

 fc2_2013-04-05_23-47-05-114.jpg

fc2_2013-04-05_23-32-19-190.jpg
※クリックで拡大します。

そして水曜日
姫路中国音楽アンサンブルの仲間、りっちゃんがしばらくこちらを離れるということでみんなでお食事会。
そしてぷくぷくに膨らんだお腹としゃべり足りない口たちの解消もかねて姫路神社あたりから姫路城の周りで夜桜を見に行きました。

お堀の柳  平成の大修理な姫路城の桜 
95年に集ったメンバーの中でいまもずっと一緒の5人。
お堀の周りを歩きながら桜の背景の修理中のため大きなカバーを被った姫路城を観ながら思い出話に大笑い。
ご縁あって修理直前の姫路城をバックに「花あかりコンサート」で演奏させていただいたとき、ちょうどみんなで鮮やかなピンクのチャイナドレスを新調したばかりのタイミングでノースリーブや半袖のチャイナで震えながら演奏したことも一つ。

そういえば安全基準に満たないからということで使用できなくなる直前の相生市民会館の大ホールの最後の催しでりっちゃんと私で古筝&笛子DUOで演奏したことも。DUOの機会もよくあったもんね。
寂しくなりますがfacebookでも近況報告できるし台湾は近い近い!

個性も年齢もばらばらだけどいつもの仲間とのいつもの和やかなおしゃべりが尽きない夜となりました。

・・・にしても一年のうち10日間くらいだけしか開花していない桜を愛でる日本人のDNAって素敵です♪
「桜狂」ええことばですよね。
関連記事
23:55  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |