2012年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.07.31 (Tue)

復活~

珍しく病んでおりましたが、私のキャラではありません。
充分に休養と栄養をとって(摂りすぎ?)復活いたしました。

最近のクリニックは人によっては便利になってますね。
インターネットで自動受付・順番確認が出来るんですよね。
待ち時間に倒れてしまいそうになったり、
弱って抵抗力がないところで別のウイルスに感染する心配もないのでありがたいですが、
こういったシステムが苦手な人も少なからずいると思われます。(うちの両親とかもそう)
万人に都合がいいとは限らないのかな。

fc2blog_20120801102645d62.jpg

画像は初めて利用したジェネリック薬剤。
お薬はよく効く性質なので、リーズナブルなのは助かるわ~♪

時節柄、みなさまもご自愛を!

先日感動した「けんはも合奏団」ライブのリポートはまた後日。(←ほんまか)
よかったんよ~♪
関連記事
00:26  |  ブログネタ blog  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.20 (Fri)

ぎっしり

レッスン準備一段落。
明日のスケジュール
10:00~12:50の笛子・葫芦絲・洞簫レッスン3コマ
<徒歩移動>
13:00~17:00天翔楽団練習参加
<徒歩移動>
17:30~19:20笛子レッスン2コマ。

fc2blog_201207202116501ae.jpg


ぎっしりの日を設定すると、丸々お休みの日ができると思えば、乗り切れております。
ただ丁寧に時間を使うようにしたいものです。

久々の楽団参加にもかかわらず準備が出来てなくて申し訳ありません>団員の皆様&先生m(__)m

難波→日本橋→難波の移動、こう暑いと走らずに歩くことになるかな。
明日も頑張るー。
で、日曜日まるまるお休み~♪
我ながらタフやなと思います。お昼ご飯いつ食べようか・・。

ワンハーツのみなさま、
暑くなりそうですが箕面の多民族フェスティバルの演奏頑張ってくださいね!
聴きに行きたかった~。
早くに予定知ってたら後半レッスン入れなかったんだけどね、残念。またの機会に!
関連記事
22:08  |  音楽 misic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.11 (Wed)

蟹地獄?

スチールパンの練習しようとしたらカサカサと音が。

fc2blog_20120711151535c53.jpg

壁際に寄せてたからいろんなもの伝ってはまった?
真ん中がくぼんでる上に、つるつる滑って登れないでいました。
この撥(バチ)伝って入ってきたんだったら、撥伝って登ればよかったのにね。

梅雨にはいると我が家には蟹がよく侵入してきます。

救助して床に降ろしときました。
もっとちっきゃかったら気づかず、そのまま叩いてたかも・・。
よかったよかった。
関連記事
15:00  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.09 (Mon)

音楽練習室

日曜日、とある書道の会の展覧会の懇親会での演奏でした。

直前に体にフィットするよう詰めた赤チャイナを着用。間に合った(笑)
今回のトリオ演奏は赤チャイナで統一でした。この機会逃したら箪笥の肥やしのままだったかも(^-^;

会場の最前列のテーブル、来賓席におられた方の視線が気になってたのですが、
後で知ってびっくり、ていうか後でよかった(笑)。
尺八奏者の方でした。。。
(たいていはニ胡や琵琶に視線が集まって笛に関心のある方は少ないので)

 ♪   ♪   ♪   ♪   ♪

演奏を終え、その足で先週プレオープンした「音楽練習室スタジオアコースティック」へ移動して今週末のリハ。
JR六甲道から徒歩2分、とても使い勝手のいい、オーナーの気配りの感じられるスタジオでした。
なんと今回はレンタル料金無料、その上、香り高い珈琲も紅茶もご馳走になり、長居してしまいました。

fc2blog_20120711102122119.jpg fc2blog_201207111021538d3.jpg

会社を辞めてこちらを開いたとおっしゃるオーナー氏。
自分が使う立場だったら、と日々心地よさを追求されているのがお話から伝わってきました。
オーナーさん、ありがとうございました。

相方の琵琶奏者の何歓さん曰く「練習しなくても遊びにきたいです」(笑)。
こんな場所がうちから近くにもあったらいいのに・・。

長い一日でしたが、よく笑いよく吹いて充実した日となりました。
関連記事
00:23  |  音楽 misic  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.08 (Sun)

七夕ライブ ~Bon ami~

逆瀬川に二胡・大阮・キーボードのトリオBon amiの七夕ライブを聴きに行ってきました。
この編成は初めて。とても新鮮。居心地のいい空間での丁寧な演奏、好感がもてました♪
奏者の一人、ブンちゃんとは園田で練習してた頃よくお泊まり飲み会してたよねー。
久々のおしゃべりであっというまにあの頃にタイムスリップ。

fc2blog_20120708001454fd2.jpg

このトリオはじめ、かつての楽団仲間がチーム作っていろんな場で演奏活動してるのを聴けるのはホントに楽しい限り。
明日は私も本番。頑張ろっと。


久々にご一緒したすうりん姐さまとのおしゃべりもたのしかった~。
すうりん姐さまからはこの夏の新作「クレアおばさんのミニ絵本」をいただいてゴキゲン♪

fc2blog_2012070800321358a.jpg

近所ではまだ目にしていないのです。
―※グリコの「クレアおばさんのシチュー」に付いてる非売品のミニ絵本です。
すうりん姐さまはクレアおばさんシリーズを描いてるイラストレーターなのであります♪

ご近所での販売情報求む!

関連記事
00:35  |  Live♪ 聴いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.07 (Sat)

赤チャイナ

日曜日に着ること思い出して慌ててお直し。
10分あったら楽勝!と思ってたらしつけ糸を針穴に通すのだけで数分(-_-;)

買い替えたシンプルミシン、安かったし簡単に使えたけど、前に使ってた多機能の有り難みがよくわかりました
。→縁かがり縫い、三つ巻きステッチ、ロックミシン…。
ま、あまり使わないとはいえ考えてみたら前のミシン、四半世紀持ってたんや~。
ミシン、えらい!

fc2blog_20120707001821aaa.jpg

ちなみにこの赤チャイナワンピ、脇のスリットが余りにも人迷惑なので、裾まで縫い止めたらすり足でしか歩けなくなって大笑いしたヤツです。
後ろにスリット入れて解決。

このときは旧ミシン壊れてて手縫いでリフォーム。
前に業者にウエスト詰めしてもらった部分がまだダブついてて演奏後に奏者揃って撮った写真見たらポストみいだったので、今回はもうちょっとウエストを詰めてみました。
不要になった縫い代部分をカットしたはいいけど、ロックミシン機能がチャチで裏から見たら雑なのが悲しい。
着てしまえば没問題なれど、着脱時はでっかい臀部が引っかかって裂けないように気をつけないとね。

家系とは言え“マヨネーズ体型”って洋服も和服もチャイナもめんどくさい(笑)。
関連記事
00:28  |  ブログネタ blog  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.01 (Sun)

笛子仲間

週末、楽団練習に久々に参加。

笛子の相方R氏も然り。
管楽器が3人しか居ないのに2人が出席率低くて申し訳ないことです。。

R氏:「次出席できるのはどの日ですか?笛子ボク一人だとキビシイ。あ、違った、サビシイ。日本語正しいですか?」
・・・どっちも合ってますよ!(笑)

中国笛の奏者はたいていいろんな種類の笛を吹くんですけど、
今回も1曲の中で2人で4本の笛を使用する曲目あり。
2~3小節の休符の間に持ち替えたりするんですが、
多分、他のパートの人にはわからないことなんですけどね。
ま、2人だけがわかってるお互いの持ち替えに伴う小事故(笑)などもカバーし合いつつ
吹いております。

一昨年のシンガポール人笛子奏者のA氏、
今回のマレーシア人笛子奏者のR氏、
どちらも子どもの頃から自国で楽団活動をしていたこともあり
楽譜にない笛子独特の装飾とか、聴きながら吹いてて気付かされたり、勉強になること多いですね。


A氏、R氏ともに五線譜でなく中国音楽独特の“簡譜”いう数字譜を使用。
私は調により、使用する調の笛により、都合のいいように五線譜と数字譜を併用してるので
同じ曲目でハモッてるけど使ってる楽譜が違う、というのはなんか面白いですね。


新竹公演(台湾)でも思ったのですが、一緒に吹いたり会話する中で、
中華系の青少年て、素直で温和な人当たりのいい笛奏者ばかりだなとつくづく感心させられます。
・・日本人がそうでない、ということではなくてね。
大阪に住んでるわけはないけど、世間に言う「大阪のおばちゃん」のごとく厚かましく日々を過ごしてる自身を反省いたしまする。
めざせ、温和で素直で、笛も上手い奏者!(笑)



◆ メモ ◆
≪I先生語録≫

楽譜に書いてある装飾音・・
黒の中に赤がぴっとある感じわかります?
そこが付いてると旋律としてつながってる中にちょっとアクセントがあって。
お洒落なアクセサリーみたいに。

みんなで「気」を合わせましょか。
(指揮)棒にじゃなく「気」を。

Gの音をぽんと弾くだけで終わったじゃなくて
アンサンブルしましょ。一緒に。
コレを軸にコレが巻いてくる、有機的な存在として音があってほしいんです。

真っ直ぐに遠くへ、一個一個の音が遠くへ伸びるエネルギーに満ちてる感じに。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

来週末は中華同文学校の子どもたちのレッスン。
月に一回のほんの少しのレッスンだけど、少し気持ちが近づいてきた気がします。
この子たちももっとアンサンブルが楽しめるようになるといいな。。
関連記事
00:29  |  音楽 misic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |