2011年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011.12.29 (Thu)

ちっちゃ~い葫芦絲

キターッ!

iphone_20111229231723.jpg

ケースを開けると

iphone_20111229231639.jpg

高音F調の葫芦絲♪

日本の代行業者での購入は初めて。
葫芦絲シスターズな生徒さんが何本か購入済みで、その品質や業者さんの対応などにも好感をもてたので安心して購入いたしました。

常用してるのがB♭調やC調、たまにD調の葫芦絲なので、このF調はめっちゃちっちゃい!
下の3個の孔を塞ごうとすると、わたしのふくよかな指に問題あり。。
一本の指で二つの孔を塞いでしまうんですよね・・。
ただでさへ音痴な笛が輪をかけて音痴に・・。

慣らします、慣らして、鳴らします。
育てなくっちゃね。

何本ほど持っとん?
う~んと、数えてない。けっこうあるかな。
ひょうたんの皮を食べる虫に住み着かれませんように祈るのみ。


今日はめずらしくひどい頭痛で欠勤。
ずっと寝たきりでしたが、夕飯時に家族に起こされ空腹で目覚め、
下に降りるとこの葫芦絲が届いてました。
温かいものをお腹に入れてこの葫芦絲みたら、元気湧きました。
テレビをつけるとちょうど雲南省の棚田の場面。
この棚田で暮らしてるのはハニ族。
村の市場でハニ族のほかに彜(イ)族人たちもちらほら。

葫芦絲は雲南省ではタイ族や彜(イ)族などが男女の愛情伝達などに使ってた笛。
今はもっぱらモバイル?
う~ん。
まだ頭ズキズキきだした。

吹きたいけど我慢。またあした。
ってそれより掃除。それより事務の残り!!
また頭ズキズキ。。。
関連記事

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

23:02  |  葫芦絲 hulusi  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.26 (Mon)

楽音聖夜 *らくねのクリスマス

いつからかな、Xmasといえば私ら佳音トリオはとっても素敵なお店でLIVE&Dinnerが恒例でした。
(どうせ他に予定無いからでしょ、とか言うツッコミ無しね!)
残念ながらそれがキャンセルとなったと話してた時に聞いたのが【ぽんぽこ楽音】のLIVE情報。
「無くなったんやったら、僕らのLIVEきぃや。ちょうどええやん」と楽音のリーダーのJセンセ。

もともと入り時間が午後の遅い時間だったのでそれまでレッスンを入れてて、
楽器屋からも程近い場所だし時間的にちょうどイイのは確かなんですけど。。
楽音聖夜 
てなことで『ポンポコ楽音、冬のいい時に演奏会!』に行って参りました。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

この日の朝は“葫芦絲シスターズ”(仮名:笑)のレッスン。
ひょうたん製の笛:葫芦絲(フルス)を練習されてるお二人、すごく熱心で頭が下がります。
なんぼほどハマってんの、ってくらい楽器・音源・楽譜の蒐集も半端ないですね。
この日仕上げの演奏となった『多情的巴烏』、音色も表現も豊かで聴いててブルッとくるほどの仕上がりにうるうるきてしまいました。私も練習しなくっちゃ!
なんかええなぁ。こういうの・・と思ったのでメモメモ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【ぽんぽこ楽音】のLIVE会場であるバブルネットへ。
一緒にパンを習ってるMちゃんと、伊丹でご一緒した同じパートのnonちゃんと合流。
会場にはワンハーツ大阪の方も、高知の方も、筑波?の方もいらしてました。

ライブは煌びやかな音色のテナースティールパンの「Sweet Memorys」から♪
・パーカッション・ベース・スティールパン
・リコーダー・オカリナ・ティンホイッスル
・スティールパン
・パーカッション
・7弦ギター
の五人編成。
それぞれの技量はもちろん、見た目もおっきい人たちです(笑)。

メンバーみなさんが遣り取りしながら演奏してるのが楽しい楽しい・・ていうのがずっと伝わってくるよなライブ。
ステージからちょっと離れた席でぽわ~んと見ながら、
しかし笛奏者の手元は例によってガン観しながら(笑)、
始終笑みが堪えず、演奏やMCに聴き入ってました。

同じ曲目でも編成が変わるとあたりまえだけど表情も変わっていいな、と。
編成が同じでもまたぐ~っと進化してたり。生きてますよね、音楽って。
聴いててたびたび自分らと置き換えてしまうんですが、私らもそういう風になっていきたいな、とかね。
聴いてて観てるんだけど頭の中がぐるぐる。
ここのところ演奏をする機会がめっきり減ってるもんだから特にいろいろ脳裏をめぐってたのかも。

二部ではゲストの伊佐子さんが鍵盤ハーモニカで参加。
何でもできる人は出来るんですよね。
メロディ楽器が加わってさらに楽しさも増幅♪

ぽわ~んと聴いてるだけのようでいろいろ発見があって面白かった。
なにより楽しくてほんとに楽しくて、な時間を過ごさせていただけました。

そんなこんなを同じ場で体感した人らとわ~っておしゃべりするのもまた楽し♪

iphone_20111227010314.jpg iphone_20111227010933.jpgiphone_20111227011125.jpg

帰りにスカイビルのXmasマーケットでグリューワイン(赤ワイン売り切れにてノンアルコール)飲んでほこほこ。
不思議なサンタ集団に遭遇。
ステッキ型のペパーミントキャンディーもらってにこにこ(^-^)。
今までとはちょっと違ったXmasイブとなりました。
スネスネで帰ることにならなくてよかった(笑)。

あ~楽しかった♪


・・家では「西洋人の真似すな!うちは仏教じゃ」と機嫌損ねる父が健在なので
幼少時代からXmasの話題はご法度なんです。あーあ。
関連記事
01:13  |  Live♪ 聴いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.25 (Sun)

アートだったりギャラリーだったりミュージアムだったり

クリスマスな週末三連休でしたね。アートも音楽もテンコ盛りなクリスマスとなりました♪
まずは兵庫県民アートギャラリーへひとっ走り。

iphone_20111225225942.jpg

兵庫県の播磨地区は47館もミュージアムがあったなんてびっくり!

iphone_20111225231307.jpg iphone_20111226005334.jpg
日本玩具博物館や、日本工芸美術館など中播磨の姫路市にあるもの
赤穂の塩の国(海洋科学館)、龍野の醤油資料館、西はりま天文台公園、アトムの館(姫路科学館)、書写の里・美術工芸館・・・・47ってほんといっぱい。
また機会があれば行ったことのない他のミュージアムものぞいてみたいですね。

学芸員さん(?)と目が合ったが最後(笑)参加となったワークショップ。
明石文化博物館のブースで役目が終わった東海道五十三次のポスター2枚で素敵な紙袋が完成しました。
予定外の参加、楽しかった~。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

同じ神戸市内のギャラリーで開催中の田中今子さんの個展にもひとっ走り。
スティールパンを通じて知り合った素敵な仲間の今子さんの絵、好きやわぁ♪

201112いまこさん個展 iphone_20111226014008.jpg

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

学芸員の0女史の解説会の時間を狙ってクリスマスには日本玩具博物館へひとっ走り。
☆世界のクリスマス飾り
世界のクリスマス飾り 世界のクリスマス飾り裏

展示解説はおもちゃ館の6号館にて。
iphone_20111226015317.jpg iphone_20111226015150.jpg

iphone_20111226020221.jpg iphone_20111226015415.jpg 
→クリスマスだからキャンドルの点火にはこんなおしゃれなマッチで!

iphone_20111226020528.jpg iphone_20111226020354.jpg
煙吐きサンタさん、胡桃割り人形、オルゴール付き人形などなど
それぞれ制作や背景にまつわる話も交えたお話もてんこもり♪


iphone_20111226015518.jpg iphone_20111226020717.jpg iphone_20111226020735.jpg
賛美歌が聴こえてきそう♪

今年のクリスマス企画展もとっても素敵。
ええお仕事してしてはる日本玩具博物館スタッフのみなさんありがとうございます。
来年のクリスマスもたのしみにしてます♪

関連記事
22:57  |  芸術 art&芸能 entertainments  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.18 (Sun)

『お馬鹿部宴』~笛吹きなつどい~

待ちに待った週末。

笛まにあ。な方々の中では知らない人は居ない、
一度知ったら最後虜になってしまう『OBAKA笛』を操る一家のマダム尾場株恵さん宅にて
開催された『お馬鹿部宴』に参加させていただきました~。

まずは新作OBAKA笛のお披露目や試奏、過去の尾場家のライブ画像鑑賞など
「笛まにあ。」な人が1人だけでも面白いのに集まってる方々みなさま同じニオイが・・(笑)。
しかも、それぞれ濃いぃときた。
素敵です♪♪

※OBAKA笛とは
日用品を改造してフエにしたもののこと。布越久郎(ふえつ くろう)・尾場株恵(おば かぶえ)によって名づけられた。
詳細はこちらから→http://www5b.biglobe.ne.jp/~fuenezu/honke/obaka.htm

観てなんぼ、聴いてなんぼ、そして吹いてなんぼのOBAKA笛たち。
カメラやスマホでみなさん画像撮りまくりでしたが、
それぞれこっそり観てはニマニマしたり
話を聴いてくれそうな人に興奮を伝えたりしたことと思います。
いや、これは見ないと、聞かないと伝わりませんね。

とにかく笛談義になると、また吹き出すとキリが無い、1人でなくみんな。。→素敵です2♪

そして、尾場株恵さんことnejuさんはホームパーティーもお手のもの。
時間をかけて準備してくださり、手際のよいもてなし方に拍手喝采です。
どのお料理も気が利いててお味もさいこー!

用意していただいた笛吹きワイン。赤・白・ロゼ。
これらって一升瓶に入ってるんですね。あっという間に空っぽでした。
私は赤が好みかな♪

iphone_20111218234159.jpg


美味しいものを食しながら、笛を作る人、愛好する人たちのとの語らい、ほんとにしっぽりとわいわいと良い時間が過ごせました。
このままず~っと居たいのはヤマヤマなれど、ほんまにキリが無い(笑)。

また必ず出逢える方々ばかりと信じて。
ということで心を鬼にして笛子チームの楊さんご夫妻、いーぐるさんらと会場をあとにしました。

帰ってからも興奮冷めあらぬ状態でなかなか寝付けない、そんなお馬鹿部宴を開いてくださったnejuさん、そしてご一緒していただいたみなさま、ほんとにありがとうございました~。

あー、笛って素敵!
関連記事
23:44  |  音楽 misic  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.18 (Sun)

Xmasイベント中止のお知らせ(12/23・24)

先日広報しました12月23日と24日の
菜さんでの『佳音&ChristmasDinner』は中止と決定いたしました。

また機会があることを願って。

iphone_20111218213242.jpg
「Xmasセット」・・・また次ね♪
関連記事
21:28  |  佳音 kanon  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.14 (Wed)

【再び広報】佳音&クリスマスディナー

今年のXmasって三連休なんですよね~。
みなさん、ご予定詰まってます?

佳音トリオは結成から毎年めっちゃ美味しいディナーとともにXmasを過ごさせていただいてます♪
来年は佳音結成10周年となるので、今年のXmasって9回目?!
例年満員御礼&追加公演ありでお店にもお客さまにも大感謝であります。

・・が今年は状況が少し変わっているようです。
予約申し込み締め切りは17日(土)です。
美味しいXmasのディナーにもれなくライブが付いてくる(笑)アットホームなイベントです。
よかったらお越しくださいね。

そんな 佳音&ChristmasDinner  のおしらせです。

XmasDinner終了 お疲れさま
光りかがやくイルミネーションの中
中国楽器(笛子、二胡、琵琶)の美しい演奏を聴きながら
 X'masのお食事をお楽しみ下さい。
                    ~菜HPより~

◆日時:12月23日(金)
 5:30開場 6:00開演

 12名様限定。 ※満席時24日(土)追加演奏有り!

◆会場:レストラン菜<SAI> http://www.sai-akore.jp/ 
    大阪府八尾市桜ヶ丘4丁目39
     ℡:0120-728-055
◆料金:¥9,450 (税込み)
◆予約:菜 0120-728-055 


※イベント案内のページはこちら→http://www.sai-akore.jp/index.php?data=./data/cl5/

2010Xmas 菜さんイルミネーション 佳音トリオ縮小

いつまで同じ写真使うねん、ってつっこみなしね(笑)。
この衣装、襟元のデザインが気に入ってるんだけど、
なぜか縮んでピチピチのばつぱつぱつですねん。。
関連記事
12:53  |  佳音 kanon  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.13 (Tue)

ゴーシュ サンセットライブ

朝霧駅からあの歩道橋を渡って海側へ。

目印のカレーやさんの横の通路がわかればあとは海沿いを歩くだけ。
防波堤を歩くのも気持ちいいい~。
この季節に外を歩いて暖かい、というか暑いやん。
夜にルミナリエに行く予定なので着込んできたもんねぇって友人と談笑。

チョコレート色の可愛いギャラリー見っけ!
HPの画像どおり!
チェロ・スティールパンの先生たちのDUO楽団『ゴーシュ』のサンセットライブの会場
ギャラリー・dan‐shoさんでした。

☆会場にスタンバッてるチェロパンたち。後ろには海、そして淡路島。左には明石海峡大橋。
iphone_20111214004646.jpg

少しの間に夕陽が沈み始めました。
iphone_20111214004744.jpg

全部ここから見える景色。
iphone_20111214010549.jpg

店の外へ出てみるとこんな感じ
iphone_20111214004935.jpg

夕陽が沈む海の景色に夢中になってる間にサンセットライブの開演時間となりました。

じゃ~ん、ゴーシュのお2人登場!

えーっ。うわー。かわいい。ていうか、わ~~~はっはは!かわいい♪
そんなん何処で入手?お誂え?(Jセンセのほうね!)
・・てなコスチュームでした。
まだあちこちのライブで着用されると思うのでここはこのくらいにしといちゃりましょ(笑)。

画像とってなかったのが悔やまれるコスチュームでした。
ほんまに。
これからのライブに足を運ばれる方、おたのしみに♪

てことでビジュアル的に「つかみはOK!」で始まったライブ。
コンガとチェロパンでスタート。
その名も『サンセット』だそうです。

ギャラリーなのでほんとに奏者と近いのです。
知らないミュージシャンならガン観するところですが、奏者の立場ならちょっとは目線外してほしいですよね。
後ろの海や島や船をみながらふわ~んとみたり、たまにガン観(笑)しつつ
チェロパンの柔らかい響きやギターパンの煌びやかな響きに聴き入ってました。

『上弦の月』いいなぁ~♪

一部が終わってしばし休息。
展示されてる焼き物の作家さんも来られてました。
ライブ会場設営のため作品たちは居場所が限られてるのですが、
気になるものもちょこちょこ。
でも、帰りに初詣状態のルミナリエ行くんやもん、荷物増やしたらあかん。。
外はすでに日が落ちてきています。

第二部開演。

チェロ二組の音とテンポがなんとも心地良く響く『Wings to Fly~翼をください』から。

JセンセのおもしろMC、
演奏以外では壊れかけた言動がキュートなYセンセ(失礼!)などなど
ひっくるめてじ~んと聴き入ったり、ぷっと噴出したり、ガハハ笑いしたり、
ほんとに楽しい時間はあっという間。

だんだんと日が落ちて海の表情は変わり、
淡路島の灯りや明石海峡大橋のイルミネーションがまたなんともいえず素敵でありました♪
「ルミナリエバージョンのイルミネーションですよ」ってギャラリーの方が教えてくださいました。

大盛り上がりでプログラム終了、お決まりのアンコール。
絶好のロケーションで素敵なライブが終わりました。
あ~楽しかった♪♪
関連記事
01:26  |  スティールパン steel pan  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.12 (Mon)

海辺のギャラリーにて・・

急に冷え込んだ土曜日とうって変わって暖かい日差しのあふれる日曜日、
スティールパンの先生たちのDUO『ゴーシュ』のライブでした♪

ちょうど青春18切符の期間、いろいろお得なのでちょこちょこ移動♪

JR塩屋で下車、海を眺めながらてくてく。暑いくらいの日差し。
山電滝の茶屋駅すぐのギャラリー・ファヴォリータへ。

忍海辺恵美(おしんべめぐみ)さんの鳥の絵などを見て、
お目当ての「かぐらやロール」を物色。

→ロールケーキちゃいますよ。
詳細はこちら→http://item.rakuten.co.jp/gallery-favorita/10000100/
迷った末、オトナ買い(笑)。いや3種だけですよ。
3色あればいろいろコーディネートできそう♪

ちょっとした小物や雑貨でかなり幸せ度がアップしますよね。
アームウォーマー、おそろいでシュシュ・・と使い道を考えるだけでウキウキ。

鳥の絵とコラボしたものなどこんなかわいいクッキーが♪
iphone_20111213235406.jpg iphone_20111213235524.jpg

ちょうどgrueさんが追加クッキーを納入に来られました。
あかん、種類が増えたらまたどれにするか悩んでしまう・・(笑)。
画像にはない可愛いのんをピックアップしてお買い上げ♪
食べてしまうのもったいないですよね。
しばらく眺めてにまにましてから、涙をのんでお菓子の生涯を全うさせてあげることにしましょう。。

ファヴォリータさんで甘味のあるフレバーティをいただいてほっこり。
店主のちなみさんがお店のイベントと重なり夕方のライブにいけないことを悔やんでおられました。

私が2人分、聴いてきますからね(*^。^*)。

ファヴォリータさんを出たところから観る海、穏やかで眩しく輝いてました。

海沿いに西へ移動して今回のライブ会場であるギャラリー・dan‐shoさんへ向かうべく
友人たちとの待ち合わせ場所までGO~♪
迷わずいけますように。。
関連記事
23:20  |  雑貨&favorite  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.05 (Mon)

小江南曲社絲竹会

中国音楽先輩や仲間の絲竹(しちく)会に行って参りました。
dejyavu絲竹会

「江南絲竹とは」
上海・蘇州・杭州・南京といった長江の下流域(いわゆる「江南地方」)を中心に発展してきた、
中国を代表する民間器楽のひとつ。
二胡・琵琶・揚琴といった弦楽器(「絲」)と笛子・笙といった管楽器(「竹」)によるアンサンブルです。

~上記のフライヤーより引用~


笛子レッスンを早めに終えて生徒さんたちと会場のある茨木へ。
JR茨木からほど近いDejaVuさんへはフルスのライブやガムランとワヤン(影絵)のライブ、
笛子仲間とのおしゃべりなどしながら美味しいお料理をいただいたことがあります。
お料理も美味しいし、店主の人柄の良さがあふれる素敵なお店です。オススメ!

アジアの旅と味DejaVu http://dejavu.asia/top

さておき本題の絲竹。
ラインナップみても絲竹好きにはたまらない濃いぃ選曲でありました!
うれしい♪♪

絲竹なんで上海などの茶館みたいにのんびりまったりお茶のみながら、
うだうだしながら楽しみたいところなんですが
うちの生徒さんたちはじめ他のお客さまみんな奏者をガン観!!

まぁそうでしょうね。こんなに間近で絲竹を楽しめる機会少ないですからね。
奏者それぞれクオリティ高いし。

小江南曲社のW氏のブログにその様子が→http://xunfengguan.blog59.fc2.com/blog-entry-44.html

演奏はもちろんなんですが、
かねてよりのファンでありますだるま氏のうんちくを聴くのがまた楽しい♪
終わったあともメンバーの一部の方と一緒にこちらで歓談。
こちらのテーブルは笛子チーム、あちらは二胡&琵琶チームといったかたまりで
ほっこりと楽しい中国音楽の夜となりました。

絲竹、やっぱりええわぁ~。
絲竹爺さんたちが集まって演奏されてた上海は豫園の湖心亭(フライヤーの画像)。

そんな湖心亭でやってるみたいにお茶のみつつアンサンブル楽しみたいって思ってる仲間が何人も居てることうれしいですね。
上海の絲竹爺さんのお1人、「魔笛」と呼ばれる国宝級の笛吹き陸春齢老師は御歳80歳で現役笛吹き!

めざせ、陸爺のばあちゃん版!てことであとン十年は吹いていたいもんです。・・・・がさて。
関連記事
00:16  |  Live♪ 聴いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.03 (Sat)

年末恒例 ご町内のイルミネーション

☆毎年12月になるとライトアップされる旧公民館にある火の見櫓☆

iphone_20111205152036.jpg

このあたりは街灯ってあんまり無いし、保安にもなってるのかな。
外から帰ってきたとき、角を曲がれば向こうに見える“電飾”
ご近所さんのほっこりポイントですね。

関連記事
23:20  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.01 (Thu)

12月だもん

12月になりましたねぇ~。

「うっさむい~っ」って言葉の次に必ず口ずさんでしまう歌が「12がつだもん」
そして、「太りすぎちゃったサンタさん」(これはまた今度ね♪)

こんなに愛らしい歌なのに私の周りには知ってる人少ないんですよね。
元同僚は別として・・。

ももぐみさん・あかぐみさん・だいだいぐみさん・あおぐみさん
さくらぐみさん・ばらぐみさん・ゆりぐみさん・すみれぐみさん
・・・こんなもんかな、所属してたのは。

 ♪ 12月だもん 
        作詞:山元護久/作曲:山本直純

ウッウッ さむいって パパ
そのわけはなしてあげようか
きたのうみから10とうの
しろくまくん しろくまくん
おおきなおおきな おおきなおおきな こおりのやまを
かついでならんで ノッシノッシ
まちのとおりを ノッシノッシ
タクシー トラック オートバイ
ブーブープープー チチチンチン
ブーブープープー チチチンチン
10とうのしろくまくん 10とうのしろくまくん
ノッシ ノッシ 12月だもん

ハッハッ ハクションって ママ
そのわけはなしてあげようか
みなみのうみから 100ぴきの
ペンギンさん ペンギンさん  
たくさんたくさん たくさんたくさん ゆきのボール
こころがし ならんで タッタタッタ
ま~ちのとおりを タッタタッタ
おまわりさん はなやさん パンやさん
ハクションクシュン ゴホンホン
ハクションクシュンゴホンホン
100ぴきのペンギンさん 100ぴきのペンギンさん
タッタ タッタ 12月だもん


歌詞のページhttp://lyric.kget.jp/lyric/wh/ky/v/

歌の内容にそったしろくまさんとペンギンさんのえほん、誰にあげたんだっけ。。
関連記事
23:18  |  音楽 misic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |