2010年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.10.27 (Wed)

【広報】11月のLiveご案内!

秋を飛び越して冬がやって来たかのような一日になりましたね。

まだまだと思ってた11月もあっという間。
11月はコンサートが目白押しです。
私も出演する4つのコンサートのご案内です。
・・・・毎週大きなコンサート。がんばりまっす!

健康フェア 2010.11.07  天翔楽団定演 2010.11.14  チャイナ・レッド 2010.11.29
※チラシはクリックで拡大

◆11/7(日)14:00
『健康フェア ~佳音演奏会~』
【場所】王寺町やわらぎ会館
奈良県北葛城郡王寺町王寺2丁目1番18号
 ※健康フェア 12時~16時 http://www.kouseikai-med.com/news/index.html
【出演】中国楽器アンサンブル佳音 http://www.d4.dion.ne.jp/%7Efkd/index.html
二胡:福田綾子・佐野忠子 琵琶:齊藤美矢子 笛子:寺田瑞穂 大阮:文堂美奈 パーカッション:人見皆樹
【入場無料】
【問合せ】0745-31-2071(星和台クリニック)  

◆11/14(日)14:00
『第8回天翔楽団定期演奏会』
【場所】クレオ大阪西 
大阪市此花区西九条6-1-20
JR環状線・阪神なんば線「西九条」下車徒歩3分 
℡06-6460-7800 ※親子室あり
【出演】中国音楽アンサンブル天翔楽団
【ゲスト】ウイグル民族舞踏 シルクロード楼蘭グループ
【入場】前売り2,000円 当日2,500円(中学生以下無料)
【問合せ】天翔楽団 http://www.tensho.in/ 
 ℡06-6443-3260(オフィスエー中田)

◆11/21(日)①13:00 ②14:30
『書写の里ギャラリーコンサート』
【場所】姫路市書写の里・美術工芸館 http://www.city.himeji.lg.jp/kougei/
姫路市書写1223番地 TEL 079-267-0301
【出演】姫路中国音楽アンサンブル+
二胡:太田明日香・小林美保子 古筝:湊律子 笛子:寺田瑞穂 琵琶:齊藤美矢子 大阮:紺屋豊
【入場無料】※11月21日は「関西文化の日」。近畿の美術館・博物館は入館無料

◆11/29(月)18:30
『中国楽器で奏でる旋律の宴 ~チャイナ・レッド スペシャルライブ~』
【場所】吹田市メイシアター 大ホール 
 阪急「吹田」下車徒歩1分
【出演】チャイナ・レッド
二胡鳴尾牧子木村ハルヨ 琵琶:何歓 古筝:戴茜 揚琴:山本敦子 中阮:百原明子 革胡:重松涼子 笛子:寺田瑞穂
【入場無料】要招待状 → ご用意できます。ご希望のかたは左側のメールフォームよりご連絡ください。 
【問合せ】℡0120-59-0630 吹公社(ヒューマンハート倶楽部事務局)
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

タグ : 笛子 二胡 中国楽器 佳音 天翔 書写 チャイナレッド

23:26  |  Live♪ 広報!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.18 (Mon)

お寺で演奏♪

京都にある天台宗のお寺にて演奏させていただきました。

京都駅から20分ばかしタクシーで移動。
さすがにプロフェッショナルな運ちゃんですな。
クランクのよな路地もスイスイと快適ドライブ。

大きなお寺なので到着しても門の中まで車はずんずんずんと入って大講堂へ。

上品な美しい精進料理よばれて、楽しく演奏させていただきました。

天台宗 真正極楽寺『真如堂』(京都)にて  精進料理~♪ 
メロディを口ずさんだり、一緒に歌ってくださったりと
演奏してる私たちもどんどん楽しさが増してきた一時間でした。

今回はMCはSさん。
無駄の無いMC、すっきりといいなぁ。
・・・私はしゃべりすぎだからね。

さておき、お寺って、ええですね。
境内もお庭もほんとに手入れが行き届いて素敵でした。
背の低いもみじの木がたくさん。
それもそのはず、紅葉で有名なお寺だそうで。

紅葉のころに来たい場所のひとつです。
関連記事

テーマ : 神社仏閣 ジャンル : 学問・文化・芸術

23:52  |  佳音 kanon  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.17 (Sun)

中国・雲南の「恋の笛」 フルス レクチャー&ライブ

中国・雲南省とタイ、ラオス、ミャンマーの国境地帯の少数民族に
広く分布しているフルス:葫芦絲(ひょうたん笛)。
雲南やタイやラオスに暮らし現地で学び、少数民族とともに暮らしてこられた
伊藤悟氏の演奏とお話しを聞いてまいりました。

中国・雲南の「恋の笛」 フルス(葫芦絲)レクチャー&ライブ ちらし  伊藤悟氏の葫芦絲たち♪


今年に入って何度かその生音を聴くべく情報を収集してまいりました。
・・・追っかけちゃいまっせ(笑)。

今回も繊細でかつ味のある演奏と丸い音色にうっとり。

最近は中国本土でも劇的に流行し、観光地でも多く見られるようです。
そして日本の限られた地域ですが愛好者が増え、
演奏を楽しむ方も珍しくなくなってきました。
私を含め私の周りでもそうですね。

ただ、違う。
少数民族に伝わる、見た目同じひょうたん笛であっても、違うんですね。

がんばって楽譜を暗譜して、音源聴いて真似てみてもそれはそれ。
いわゆる漢民族のイメージする「雲南風味」なエッセンスをちりばめた曲。
良し悪しでなく、違うモノですね。

素朴で丸い、やわらかい、耳を澄ませて聴く音色。
少数民族の暮らしの中で生きていた本物の葫芦絲ってこうなんだな、というのがいちばんの感想です。
あと、標準的に循環呼吸かな。

簡単に音がでて音階が吹ける楽器、子どもでも簡単に演奏ができる楽器だけど
管楽器経験者でも難しい楽器。
それぞれの求める価値観で簡単だったり難しかったりするもんですよね。
葫芦絲も、簡単でものすごく深くて難しいなと。

演奏された「古い調べ」の2パターン。
本来の雲南の村で老人に継承されてきた曲と伊藤さんの師匠であるエン先生の編曲のもの。
出だしのメロディが同じに聴こえたのと、曲間にスライドなどもあり、
おおきな違いはには恥ずかしながら、気づいてない私です。

山の笛。
同じ葫芦絲でも雑音性が高い、それでいてごくごく小さな音色。
会場中のみんなして、息をのんでその小さな世界に聴き入る。
生音ならではの体験。

また徳宏の村など伊藤さんの暮らした村の人々の生活の一部の紹介された
「こころを架けることば―リックヤートの創作と朗誦」という映像もとても興味深かったです。


伊藤悟さんの所属する「みんぱく(国立民族学博物館)」でも
ビデオテークの新番組『徳宏タイ族のうた』公開中ということで、
近いうちに足を運ぼうと思っています。

あと1つ、紹介された弦楽器についてはまた後日。
関連記事

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽

23:56  |  葫芦絲 hulusi  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.10 (Sun)

幸運がやって来る?

毎年10月第2土日は「神戸JazzStreet」。今年は第29回。

中国民族楽器オケが出来た1997年までは、友だちと一緒にこのJazzStreetのボランティアに参加してました。
1997年の民楽オケのオープニングコンサート以降、リハや本番がこの時期に重なり参加しなくなってました。

今年は聴きに行こう!と予定してたのですが、その前に特急で一駅先の駅前(正確にはホーム上?)のベトナム衣料&雑貨のお店ZEMNAさんへ。
衣装のセミオーダーのサイズ合わせが出来てないままだったので、
ちょっと早めに出て寄り道、のつもりでした。

結局、JazzStreetには行けなかったのです。。。

毎月第2日曜が「チーズ祭」のZENMA(ゼンマ)。
店主が接客の合間を縫って既製品試着→変更部の採寸→生地の色選びと刺繍の柄選びの打ち合わせ完了。
出来上がりが楽しみ~ 。

用も終わったことだし、ちょっと甘いものが欲しいなと
ベトナム珈琲をオーダーすると、もれなくケーキつき。(お水はHerbWater♪)
今日の選択肢は「チョコとバナナ」「胡桃入りキャロットケーキ」。
後者をえらんで珈琲ブレイク。
で、このキャロットケーキ、
先に食べてたお客さんのものがパラパラしてたのを気にされてた店主が
「今日のはなんかパラパラしてるけど大丈夫?」と。
「味はいいし、没問題ですよ」と答えつつよくよく見るとなんか赤とか青とかが見えてきて!!!
フォークで探るとさらにパラパラ。

なんと、出てきたのは花束を持ったピエロ?のフェーブでした。
フェーブが入ってました~♪

「あら~、滅多にないのにおめでたいわ~」と店主。
さっそくきれいに洗って、特製巾着と一緒にプレゼントしてくださいました。
特製ベトナム巾着と一緒にいただきました。

“フェーブ”はフランスのお菓子ガレット・デ・ロワで人気の3cmほどの陶器製の可愛いミニチュア。
「幸運をもたらす」と言い伝えられる玩具が“王様のケーキ”ガレット・デ・ロアの中に入ってるんですね。
フェーブ。ブーケを抱えたピエロ?くいだおれ太郎?(笑)

“王様のケーキ”や“フェーブ”については以前友人からおお聞きしたときに知ったのですが、
時期も違うし(普通は1月6日に食べる)まったく予測してなかったのでびっくり!

予期しないことだったこともありウキウキとしたのでした。

そうこうする内にいいにおいがして店頭の七輪でお芋が焼けました。
チーズとベトナムワインと焼き芋がやって来て・・。
ちょうどお昼時、お腹空いてるし「出たものは残さず完食」が鉄則の家庭に育った私。
すべて美味しくいただきました。
→これが「もたらされた幸運」?

はい、美味しいもんをいただいて確かに幸せです

ただ、時間泥棒さんに取り付かれたのか、
JazzStreetに向かう時間にはかなり出遅れてしまい、結局予定を変更したのでした。

まっ、予定は未定だから(笑)。
関連記事

テーマ : つれづれblog ジャンル : 日記

23:50  |  雑貨&favorite  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |