2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2010.04.30 (Fri)

笛仙人:栗コーダーカルテットコンサート

笛仙人4人組“栗コーダーカルテット”コンサートに行ってきました。

栗コーダーカルテット 20100501

それぞれ演奏家だったり作曲家だったりする4人がリコーダーや身近な楽器を使って“ゆるい”音楽を楽しんでる
というイメージがあります。
よく知ってる曲だと教育テレビの「ピタゴラスイッチ」のテーマ曲を演奏してますね。
あと長澤まさみ扮する保育士編のカルピスCMのバッグで流れてる弾んだアレンジの「亡き王女のためのパヴァーヌ」とかマヨネーズのCM曲なども聞いたことある人多いのでは。

ふつうにソプラノ・リコーダーからアルトやテナー、そして奏者の身長をはるかに上回る長さのコントラバス・リコーダーの編成や奏者が鍵盤ハーモニカ・アルトサックス・ギター・ウクレレ・バウロン・チューバー・口琴に持ち替えての編成など、それはそれは聞いて楽しい見て楽しいコンサートでした。
きっと奏者はもっともっと楽しんで演奏してるんだろうな。

リコーダー全盛期の400年前?のイギリスの伝統曲やことしが生誕200年のショパンの曲。
これはもちろんよいのです。
にんまりと聴き入ったのが“ウクレレ栗コーダー”のシリーズ♪
ウクレレといえば南国の楽器でポロロンとコードを弾くというイメージが強いですが、ギターのようにメロディを奏でるウクレレに音程の違うリコーダー2本でリズミカルに和音で伴奏というアレンジや、一人で和音が吹ける「アンデス」が登場、これも待ってました!な場面でした。
ウクレレなんでなんとも脱力感があるんですよね。
まじめに脱力してるというか、ギターDUOのゴンチチも好きなんですがこちらともまた違う心地よさ♪

アンデス(商品名です)はmixiの笛関連のコミュニティでも話題になったことありますが
ぱっと見、鍵盤ハーモニカなんだけど音色がリコーダーやオカリナ。
鍵ハモのように簡単に和音が弾けるのです。
「鉄腕アトム」のテーマには感激でした。

4人の個性がばらばらなのも面白い。
クラッシック系・カントリー系・フォーク系・バリバリブラス系・・・いろんな表情が見られました。

わたし、学生時代1年ほどホルン吹いてたことあるのですが、MC担当の関島さんのチューバーのバルブが5つ付いてました。
と演奏中になんどか管を抜き差ししてるのが気になったので購入したCDにサインいただくときに質問してみましたところ、音程の調整してるとのことでした。

あと笛奏者として注目してたのがリコーダーのトップ吹いてた栗原さんのブレス法。
ソプラノなど小さい笛だったこともあるのですが、循環呼吸?とでも思うような口をほとんどあけない、無駄の無い息の使い方も勉強になりましたね。

会場は新緑に映えるアラベスクホール。
緑の柴と小高い丘がぽかぽかしてて暖かい春の日となった今日は芝の上で遊ぶ子どもたちの姿も
ホールにつながる渡り廊下やロビーからもよく見えました。
お子さん率の高い客席でしたが、小さな子どもたちには口琴が大うけ。
それぞれがエンターティナーで子どもから大人までいろいろ楽しめるライブ、
天井の高い木のぬくもりのある素敵に響くホールでの演奏にまたまた癒されたお休みでした。

♪栗コーダーカルテット オフィシャルブログ『フエブロ』→http://ameblo.jp/kuricorder/
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

23:57  |  Live♪ 聴いた!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.30 (Fri)

キルギスのお話と筝演奏

開店休業状態、ということで本日は仕事がお休みになりました。

ラッキ~♪。
お昼ご飯のあと龍野橋のたもとにある“ガレリア”へ。
わの日 遊牧筝民・伊藤寛子ーキルギスのお話と筝演奏ー」ライブでした。

ガレリアの斜向かいにある“アポロスタヂオ”が会場。
この空間も素敵なのです。

土間。部屋の隅には焼き物の火鉢(オブジェでなく現役)。
客席は小学校で使ってたようなの木の椅子に手作り座布団。
小さな舞台に筝、そしてキルギスの弦楽器コムス。
筝 キルギスの楽器コムス


 

壁には伊藤さんがJICAでキルギスに派遣されたときに撮影した写真が掲示され
和楽器の筝やキルギスの民族楽器“コムス”の演奏とキルギスでの生活などのお話を紹介されました。

その様子はガレリアのブログに→http://galleria1999.blog129.fc2.com/blog-entry-50.html

筝でキルギスで喜ばれた日本の曲をコムスでキルギスの曲を演奏。
コムスは三弦の弦楽器。
共鳴部は花梨製で絹弦が張ってありました。
調弦がEAE。で、1弦と3弦は同じミの音。1オクターブ違うわけでもなく、まったく同じ音。
調弦は違うけど、ジャカジャカ弾くストロークの響き方が草原の楽器類に似てるような、
素朴なイメージでした。トンプラの音とも似てたかな。

伊藤さんは現地では日本文化を紹介する担当として働いていたそうです。
展示された写真の中に、和服姿で筝・民族衣装でコムスという異文化組合せ舞台のキルギスの女学生のショットがありました。
・・・キルギス人と日本人、顔が似てる!というのが写真の印象でした。

「キルギス人も日本人も祖先は同じ。肉が好きな人たちは西へ、魚の好きな人たちは東へ移っていたんだよ」と親日的なキルギス人から聞いたと知り、あるかも~と思ったのでした。

お茶菓子つきのライブ、
終了後はガレリアの二階で鶏籠山と揖保川の新緑を見ながら
お抹茶と季節の和菓子をいただいて、ライブチケット込みで¥700なり。
気持ちもおなかもとてもとてもリラックスできた午後となりました。
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

23:56  |  Live♪ 聴いた!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.19 (Mon)

中国音楽の祭典

第一回中国音楽フェスティバル
昨日4月18日、楽しく終了いたしました。

出演の皆さま、駆けつけてくださったみなさま、
そしてなによりかにより、
このフェスティバルを企画・準備・運営してくださったみなさま
ありがとうございました。感謝につきません。

姫路中国音楽アンサンブル   実験楽団 ばるでぃえる
※画像左:「姫路中国音楽アンサンブル」 右: 実験小楽団 「ばるでぃえる」(画像感謝!Ranちゃん♪)

初のイベント、23の団体、のべ280名の出演者。
それがリハーサルをはじめステージでもスムーズに進行。
ほんとに大成功といえる「お祭り」となりました。
奇跡的ですね~。

自分自身に関していうと
同窓会気分の発表会みたいでしたね。

まだ保育園に勤めてた頃、初めて間もない笛子で
助っ人笛吹きとして「中国音楽愛好会」の初の(そして最後の?)演奏会で
笛を吹いたのがこのホールと知ったときはびっくりしました。
後に愛好会は我が「姫路中国音楽アンサンブル」と合体して
「オーケストラ華夏」という大きな楽団になったのですが、
その日、月曜日に勤務中に右肩脱臼、6日後の日曜に本番という横笛奏者にとっては非常な演奏でした。
今となっては笑える思い出です。

前日に知り合ったシンガポール笛子奏者のA君も開場前から来てくれてて
知ってる笛吹きさんに出会うたび、かたっぱしから紹介してったのですが
笛吹きがあっちにもこっちにも居るというのも嬉しいもんですね。
(しかもみなさん朗らかな方ばかり!)

演奏のほうはというと、
「お祭り」気分でとても楽しかったというか
笑いが止まらない感じだったのですが、
気分と演奏は比例いたしませず、ありえない凡ミスがポロポロと・・。
ご一緒してくださった仲間たち、ごめんなさい。

一日を終えて、ほんとに楽しかった~。がまず感想。
出演者という立場だけなので言えるのですが、
次にも続くイベントになっていくことを節に願っております。

みなさま、ありがとうございました。
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

タグ : 中国音楽 中国楽器

07:09  |  Live♪ 吹いた!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.15 (Thu)

第一回中国音楽フェスティバルが開催されます 4/18(日)

~近畿一円の中国音楽愛好家、グループが一堂に会し演奏を披露します。~

第一回 中国音楽フェスティバル
◆2010年4月18日(日)開演12:30
◆クレオ大阪北ホール(大阪市東淀川区東淡路1-4-21)
 阪急京都線「淡路駅」下車10分
 TEL06-6320-6300
◆問合せ:中国音楽実行委員会事務局・TEL06-6443-3260

◇呼びかけ人(50音順)
呉俊徳(沙皮・十三堂楽器)
杉原圭子(聞韶二胡楽団)
中田勝美(天翔楽団)
鳴尾牧子(二胡演奏家)
舟橋睦美(天華二胡学院)


入場は無料です。お気軽にお越しください。
※プログラムはこちら↓ 23団体の競演てすごい!
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

00:44  |  Live♪ 聴いた!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.12 (Mon)

袴(はかま)トリオ@佳音でした♪

10日・11日の週末はWAKONさんの1周年記念イベントでのLiveでした。

4/11姫路城の桜  ← この日も大混雑だった姫路城の桜

WAKONさんのご好意で今年は袴を着せていただきました。
袴の裾には桜の花びらの刺繍あり♪ でいい感じ。
着物にしろ袴にしろ、帯をぎゅっとしめると
丹田も意識でき、気持ちが引き締まるだけでなく、
ていつもより姿勢よく演奏できますね。
佳音@袴トリオ




◇1日目 :琵琶と笛子とのDUO
一般の方がご存知な曲目を中心に用意。
MCなしの30分だと8~9曲くらい演奏することになるのですが、これを1日3回。
2回目と3回目に古曲「春江花月夜」を琵琶と洞簫DUOで演奏。
琵琶のええとこが聴ける曲なんですけど、部分的に省略しても6分はあるのかな、
お客さんにとっては知らない曲目を通りかかった店舗前で立ち聴き(見)というのは辛かったかもですね。
今を逃しては!とばかりに「さくら独唱」は入れました。
よく知ってるイントロでハッと立ち止まる方、多かったですね。

◇2日目:ニ胡・琵琶・笛子のTRIO演奏
二胡が加わると、お客さんの立ち止まり率高し!
音色や演奏・楽器に興味ある方や質問ほんとに多かったです。
なんていう楽器?どこで買えるの?なんぼ? どこで習える?
ずっと聴いてても飽きない音色ですしね、二胡。
人気をあらためて実感した次第です。

この日、演奏と交代で同会場で「新作浴衣ファッションショー」も開催されました。
楽屋は20歳代のお嬢さんたちの熱気であふれ、賑やか。
モデルのお嬢さんたちにはヘアメイクさん付。
それぞれ華やかで個性的。かわいらしいですね、若い子は(^^)
お互い写真の撮りっこをしてるのが楽しそう。
「お客様が写メ撮るための時間も必要」と店長さんがposingのアドバイスされてました。

カメラを向けておられたのは外国からのお客様が多かったような。。
和服姿の私たちが演奏してたので、和楽器と思われてたかもしれません。

たまたま商店街を通りかかった元上司とか20代の頃の知り合いをビックリさせてしまいました。
店舗前での演奏であったにもかかわらず、
お運びくださったみなさま、ありがとうございました!
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

00:42  |  佳音 kanon  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.06 (Tue)

和装の佳音のLiveです♪

姫路駅からお城へ向かう商店街の店舗前にて、演奏させていただきます。
お花見&姫路城観光がてら、和装(注:仮装ではありません!)の佳音を
チラ見してってください(笑)

昨春のオープニングイベントより
和服で演奏 佳音トリオ


◆WAKON姫路店一周年祭
http://www.wakon.net/re_blog/event/ishunen/

4/10(土)・11(日) ①11:00②13:00③15:00
ワコン姫路店(ワコンレンタル)
兵庫県姫路市二階町73 TEL:079-223-0630
http://www.wakon.net/

10日:琵琶&笛子DUO
11日:ニ胡&琵琶&笛子TRIO
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

22:18  |  佳音 kanon  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.04 (Sun)

花あかり ありがとうございました!

野外のコンサートということで、懸念していた天候。
週間予報を毎日チェックしてましたが、素晴らしい展開!
・・・日頃の行いの良さでしょうか・・(誰の?(笑))

4月2日、我らが姫路中国音楽アンサンブル、姫路城西ノ丸庭園での
夜桜会~花あかりコンサートで、演奏させていただきました。

花あかり回廊 花あかり灯篭 花あかり 本日のメニュー看板 花あかりコンサート 西の丸入り口
【画像提供感謝:happyはっちゃん・keyさま】

この季節に野外で、夜。
ひんやりを通り越してますね。
新調したばかりのおそろいの濃いぃ桜色のドレス。
デザイン違いで、長袖のカンフースーツタイプ・半そで。ノースリーブ、アメリカンスリーブ・・・
個性豊かです。
なんというか、MCの揚琴女史のことばをかりると
「いろんな意味で無理の多い衣装」でありました。

着てるわたしらはさておき、
ドレスの色とお城の色、ふんわり咲いている桜が藍色の夜空に浮かぶ様子、
いい感じだったようですね。
姫路城西ノ丸庭園にて 姫路城西ノ丸庭園にて2

演奏については、反省点多いですが、演奏中はなんとも楽しかったです。
寒空の中、立ったままで聴いてくださった方にとっては修行のようなLiveだったかもですね。

遠いところ、寒いところ、お越しくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。
普段なかなか行かないスポットに気付くいいきっかけになってたら幸いです。

姫路城夜桜会~花あかりは11日まで。
これからも日替わりでいろいろなLiveが楽しめます。
今度はゆっくり夜桜を楽しみに行こうかな~。
みなさまも、是非!
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

23:35  |  姫路中国音楽アンサンブル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |