2009年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.09.27 (Sun)

スリーゼネレーション・ライブ

早朝、もと上司から電話。
急用で夕方のライブコンサートに行けなくなったとのことで、チケットを譲ってくださった。
昼間は難波の楽器屋さんだったこの日。
Uターンして直接会場であるたつの市の“ガレリア”へ。

今回の3世代ライブ、
出演者でプロデューサーの方と先日偶然駅でバッタリ。そのときにゲスト出演者の名前を知ってちょっと気にはなってたのです。
・一人は高校時代の同級生。
地元中心に童謡歌手(?)・コーラス指導者として活躍中。
・もう一人は中学時代の同級生ブラバンメンバーの奥さま。
これまた町内で同じ音大出身のアンサンブルグループを主催したり、コーラス指導したりと活躍中。

プログラム
○八重尾雄太・ピアノの世界 3曲
○ピアノ&ギターのコラボレーションそして歌 3曲+3曲
○スリーゼネレーションの世界(20’S 40’s 60’s) 
○フィナーレ 「赤とんぼ」をみんなで歌いましょう

それぞれのカラーが出たり、溶け合ったり、
トークもそれぞれ味が出ていましたね。
時間が押して予定より曲数が減りましたが、てんこもりのライブでした。

残念だったのがPA。う~ん。こういうことってあるのね。
前回この会場でのライブのとき、クリアなSoundが心地よかっただけに残念。

顔見知りでありながら学生時代には特に接点もなかった同級生ユカリさんの歌声、歌うときの表情、とても素敵でした。

この日も出演者、観客一緒に歌ったのは「赤とんぼ」
たつのの町で歌う「赤とんぼ」、やっぱりええわぁ~。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

23:39  |  Live♪ 聴いた!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.26 (Sat)

ガーデン・コンサート 終了~♪

<ミナト水産ガーデンコンサートvol.8
『マリンバと中国音楽の調べ』

天候に恵まれ清々しい夕べ、仲間たちとのコンサートが無事終了しました。

090926ミナトガーデンコンサート バチブログより
→画像はミナト水産営業さんのハチブログより

090926ミナトガーデンコンサート
→二階からのショット

コスモスムービーより
http://zoome.jp/miryoku_zoom_in/diary/45

プログラム
≪前半部≫
○マリンバ独奏 6曲
○マリンバ&笛子のDUO 2曲

≪後半部≫
○マリンバ&中国音楽 6曲+アンコール曲

記録・日付に明るいヤマガラ女史によるとこのコンサートは2002年から始まり
今年が8回目。
うち7回、私たち“姫路中国音楽アンサンブル”が演奏させていただいています。

ミナト水産さんの営業時間が終わったと同時に店舗玄関前と駐車場が会場に早変わり!
畳一畳大の箱馬(で合ってる?)が12枚を並べられ、
軒には電球が取り付けられ、手作り行灯が並べられステージに。
椅子を百数十客を並べて観客席の準備。
スタッフのみなさんの働きたるやなんとすばやいことよ!

私たちといえば演奏することだけに集中できる環境を整えていただき
本当にありがたく思います。

こちらのコンサート、5月頃の開催が常でしたが、今年は初めて秋に。
この日は外は涼やかに風が動いて、空の三日月も輝いておりました。

笛子吹いてても、気持ちよかった~。
ただ、前日から鼻がムズムズしてて、マリンバとのDUOの演奏中、
私にとっては一大事な事件があったのですが、だれにも気づかれなかったので
よしとしよう。。。
何をかくそう、ハナタラ~リ事件くっしゃみが出なかったのが救い。
ホッとした直後、演奏中のサイレン(近所の工場の時刻を告げるサイレン)にぷっと鼻で笑ってしまいました。
こういう状況、管楽器奏者には辛い~。

そんなこんななエピソードがあっても、最後は
ここ西播磨では欠かせない唄「赤とんぼ」を会場のお客さまの歌とともに
演奏し、楽しいコンサートとなりました。

アンサンブルでの今回の新曲が2曲。
私のリクエストで音源とメロディ譜のみで、パート譜は各自採譜という作業をしながら
一緒に仕上げていった曲が形になっていったこと、
わがままを聞いてくれた仲間たちに感謝です。

二度目のDUOのマリンバ嬢にも大感謝!
またやろうね~♪
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

23:42  |  姫路中国音楽アンサンブル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.26 (Sat)

【Live広報】ミナト水産ガーデンコンサート→本日です!

20090926ミナト水産


◆日時 :  9月26日(土) 18:50開演

◆会場 :: ミナト水産 直販店駐車場 
        兵庫県相生市大島町1番1号
        TEL : 0791-23-3710
        http://www.minato-umaika.com/
◆入場 :  無料

◆演奏 :  姫路中国音楽アンサンブル
         太田明日香(高胡・ニ胡) / 尾崎織女(揚琴) / 小林美保子(ニ胡・中胡)
         紺屋 豊(大阮) / 寺田瑞穂(笛子・洞簫) / 湊 律子(古筝)
     
◆ゲスト : 尾野聖子 (マリンバ)

 ※雨天決行・・・雨天時は会場が屋内に変更になります。


ペーロンの町相生、「うまいか」でおなじみのミナト水産さんにて
今年もガーデンコンサートが開催されます。

今年はマリンバ奏者がゲスト。
心地よい風を運んでくれる秋の夕べの音楽会、どうぞお越しくださいね。

相生市民会館とミナト水産さんの間の側溝からは
常連さんであるアヒルちゃんも『寄せて~♪』とばかりに歌うんですよ。
・・・・・頼むから、静かな曲のときを避けてね(笑)

『姫路中国音楽アンサンブル』は、ず~っとこちらのご好意で、
会社の一室をお借りして練習をさせていただいているんですよ。
いつもありがとうございます。
メンバー一同感謝しております。
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

07:00  |  姫路中国音楽アンサンブル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.22 (Tue)

マリンバコンサート/にじのわまつり2009

シルバーウィーク≪音楽編≫

その1 六甲山ホテルにてマリンバコンサート
    マリンバ:国塚貴美/ピアノ:伊原敏行
その2 書写山にて『にじのわまつり2009』
http://itsumo.info/nijinowamatsuri.html
    Liveゲスト:朝崎郁恵(奄美の唄者)
         :えま&慧奏

六甲山ホテルにてマリンバコンサート
マリンバ&ピアノ

当日の六甲山の気温は22℃、お日様が照っていても爽やか。
まずはシェフ特製ランチコースをいただいて口福♪
そして、メインは国塚貴美さんのマリンバコンサート。

今回はロシアの作曲家の作品を中心にチョイスされたプログラムでした。
マリンバの演奏ではどれも初めて聴くものばかり。
よく知られているバレー音楽になっているものも多く、とても楽しめました。
ハチャトリアンの『仮面舞踏会』、プロコイエフの『ロミオとジュリエット』が印象に残りましたね。

◆にじのわまつり2009
にじのわまつり2009

トム・クルーズ主演『ラスト・サムライ』のロケ地となった書写山圓教寺(天台宗)。
こちらの三つの堂周辺にて開催された楽しいイベントでした。
このイベントのことを知ったのはmixiのコミュニティから。

フード・雑貨・手作り作品の出店やワークショップ、そして後半がLiveでした。

ロープウェーで山上に登ってから歩くこと30分弱、なかなか良い運動です。
途中「田んぼアート」の姫路城や千姫も展望できました。
千手観音などに見守られながら大晦日に除夜の鐘を打った『慈悲の鐘』を通り仁王門へ。
そして清水寺のような摩尼殿、今回は前を通り過ぎてただひたすら(笑)会場の三つの堂(大講堂・常行堂・食堂)へと向かいました。

あちらこちらのフードブースからいい香り。
奥のほうではアフリカンダンスのチームのジャンベのリズムが聞えてきます。

『めざせ!ゴミゼロ!』のキャッチフレーズもちゃんと有言実行。
リユースの食器を使いまわすのに、初めて知ったのが「ぬか」を使って洗うこと。
 
 残飯があれば捨てる(ざるで水切り)
     ↓
 ぬかの中であらう
     ↓
 バケツの中の水で洗う×3
     ↓
柄杓ですくった水ですすぐ(すすいだ水はたらいの中に)

・・これらの説明とともに順に並べられてるのですぐさま実行できました。
イタリアンシチューのトマトやオリーブオイルでぬたぬたになってたお皿がサラサラつるつる。私の手もつるつる。ちょっとした感激でした。

出店ブースは14時半に撤去。15時半からのLiveの準備のため整理番号の手作りバッジをつけて待機。この頃からちょっと空模様が怪しい・・。

Liveの舞台は常行堂(じょうぎょうどう)
一二三 朝崎郁恵
 
ここ、トム・クルーズが小雪と登場した場面にも使われてましたね。
番号順に会場入り。え~っ、椅子とかないの?
幸い、ともだちがレジャーシート持参してたので重宝しました。

開会時間前から女性Vocal・キーボード・ジャンベのトリオのLive。
ユニット名失念しましたが、柔らかくて耳馴染みのいい歌声、キーボード奏者とのDUOも素敵でした。
会場ではあちこちで子どもたちがシャボン玉を飛ばしてます。ふわふわ風に乗って空に上っていくのがまたいい感じ。

そしてメインの「えま&慧奏」&踊り子!
えまさんのトークと歌声効果的な二胡の音色、慧奏さんのパーカッション・ディジュリドゥ。
そしてインド舞踊のような踊り子さん&ベリーダンスのような踊り子さん、・・異空間にいるイメージかな、魂抜かれそうになりました。

ちょっとぽつぽつ来た頃に次のステージ
奄美の唄者朝崎郁恵さんと三線&唄者の男女、そして太鼓。
「あのおばちゃんの唄聞きたかったんですわ」と今週末、
わが姫路中国音楽アンサンブル出演のコンサートを主催される会社の会長さん。
奄美で古くから歌い継がれた唄、心に響きました。
「口伝で唄は覚えてきたから楽譜は苦手」とおっしゃる朝崎さん。

その朝崎さんを母と慕うUA作詞、吉俣良作曲で『阿母(あんま)』という曲披露してくださいました。
吉俣良といえば『篤姫』のサウンドトラックの作曲家。
中でも私が大好きな挿入曲が「良し」なんですが、バイオリンで始まった「阿母(あんま)」のイントロを聞いてビックリ!
なんと「良し」と同じメロディでした。
雨がポツリポツリからぽとぽとに変わってきたにもかかわらず、私だけでなく会場では何人もがメロディをハミングしていましたね。
・・・帰ったら楽譜引っ張り出してこようっと♪

プログラムに「前代未聞 奇跡のライブ 書写の山に虹がかかります」と書かれていました。
虹がかかったら本望でしょうが、ちょっとばかし雨に降られてもライブもイベントも楽しかったので雨なんてチャラ~。

毎年やってるイベントだそうなので次もまた来たいな。
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

23:05  |  Live♪ 聴いた!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.21 (Mon)

藤城清治展/中原淳一展

すがすがしい行楽日和のシルバーウィークとなりましたね。

のんびりと芸術の秋を楽しんでいます。
≪美術編≫
藤城清治チケット
京都新聞創刊130年記念『藤城清治 光と影の世界展』
京都文化博物館http://www.bunpaku.or.jp/

中原淳一チケット
『美しく生きる 中原淳一展  愛する心』
大丸ミュージアム神戸(大丸神戸店)http://www.daimaru.co.jp/museum/

◆藤城清治さんは90代ですが今も精力的にカミソリを使って
作品の製作をされてるんですね。
以前に大谷美術館での展覧会でもとても惹かれるものがありました。
今回もまた幻想的で、影絵の魅力がとても生かされる展示だと思いました。

「ぶんぱく」は初めてでしたが、本館・旧舘それぞれいろいろな展示があったり、レトロな部分と新しい部分が交差する素敵な空間だったので、また気になるものがあったら足を運びたいな。
すぐ近所にあるイノダコーヒ(看板には「コーヒー」とは書いてなかった)での珈琲ブレイクもほっこりできました。

◆中原淳一さんのイラストや人形もレトロモダンなイメージですね。
作品とともに紹介されてる中原さんの言葉もどれも心に留め置きたい言葉ばっかり。
その一つ:
「もしこの世の中に『音楽』がなかったら、この険しい現実から逃れられる時間がなかっただろう。」

会場で紹介されてたCDを購入し、聴きながらこの日記を書いてるのですが、シャンソンもいいもんだなぁと。
ちなみに今歌ってるのは美輪明宏さん。美輪さんの携帯サイトで紹介される言葉と中原さんの言葉、感覚的に共通するものが多いように思います。

シャンソンジャケット

秋にシャンソン。ジャズ。クラッシック。民族音楽。ええわぁ~。
≪音楽編≫は明日の書写山でのライブ聴いてからまたつらつらと日記にかこうかな。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 ジャンル : 学問・文化・芸術

23:26  |  芸術 art&芸能 entertainments  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.17 (Thu)

イベント中止

9月20日に予定されていた京都新阪急ホテルでの佳音関連イベント
「華麗な中国音楽を聴きながら豪華特別コース料理を楽しむ会」は
中止となりました。

楽しみにしてくださってたかた、申し訳ありません。
私たちも残念です。

また次の機会に向けて精進いたします!
よろしくおねがいいたします。
関連記事
07:28  |  佳音 kanon  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.12 (Sat)

フルス重奏~

来週の演奏会に備えて佳音トリオのリハーサルでした。

「フルス普及」という大げさなものではないのですが、
機が熟している間にと、旧知の曲目でフルス二重奏と三重奏をちゃちゃっと書いて
練習してみました。

自分たちで言うのもなんですが(誰も言ってくれないので)
いい感じです♪20日、お披露目させていただきます。

今回はフルスの故郷である雲南省少数民族、タイ族や阿昌族などには無関係の曲目ですが
次はもうちょっと勉強して関連ある曲目をレパートリーにできるよう、頑張りまっす!!

日曜日、晴れますように。
関連記事

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

22:26  |  佳音 kanon  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.09 (Wed)

【Liveご案内】『華麗な中国音楽・豪華特別料理を楽しむ会』

朝夕は涼しい風が入るようになり、だんだん秋の訪れを実感するようになりましたね。

先日のアローでのライブにお越しくださった「日本フルス普及会」の方が、
京都駅前の新阪急ホテルでの私たち佳音の出演イベント情報をHPなどで得たということで
イベントに興味を持ってくださいました。

ならば!と
演奏プログラムに急遽フルスの曲目を入れることにしました~。
佳音トリオ一同、がんばりまっす♪

そういえば私たちって「フルスの普及活動」といえば、
2004年の上海旅行以降、ライブで楽器紹介したり演奏しています。
佳音HP上海旅行記参照→http://blog.goo.ne.jp/jiayin-kanon/m/200404

これって、『普及活動』ですよね。
実際、佳音ライブで見聞きしてフルスを仕入れた方も何人かお聞きしてますし。
今回の演奏では、そういった方が増えると楽しいですね。

こちらの会場もリピーターの方もいらっしゃったり、いろいろなご縁をとてもありがたく思っています。

新阪急ホテル090920
関連記事

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

00:07  |  佳音 kanon  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.07 (Mon)

LSA佳音ライブ「中国音楽の夜vol.11」終わりました~

佳音シクステットによるライブ「中国音楽の夜vol.11」が無事終了いたしました。
お運びくださったみなさま、ほんとにありがとうございました。

リハの時間があまり取れなかった今回。
それでもゲネプロのときに音の遣り取りや「間」の取り方に「おっ、ええ感じやん」と感じることが何度かありました。

本番でもあんなこんなや細かい反省点は置いといて(おいっ!)、
なんか楽しい気分で演奏が楽しめたかなというのが終えてからの気分です。

メンバーたちも同じ意識だったようで、終了直後から次回のチャレンジ新曲の話にも花が咲きました。
また、今まで何度か葫芦絲による「月夜」(注:二胡の同名の曲目とは別物)も、
今回は「日本フルス普及会」の方の存在を知ったことで、吹くときの意識が少し違ってたかな。
遠方から駆けつけてくださった会員の方がいらっしゃったのも驚きでした。
ありがとうございました!

あとは山積の自分自身の反省点の改善。→これがなかなかねぇ。
まずは脳を活性化させることが一番の課題かな、私には。。

さて、次は地元チームでのライブに向けてGO!
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

06:00  |  佳音 kanon  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.02 (Wed)

葫芦絲(フルス)

先日、ある方からいただいたコメントで「日本フルス普及会」の存在を知りました。

***コメントより引用***
現在、8都府県に支部ができ、会員も全国で100人近くになりました。
兵庫県には支部があり、神戸と芦屋に愛好会があります。
*****

え~っフルス普及会?!と最初はビックリしました。
昨秋、一昨年秋と上海国際楽器博覧会の民族楽器ブースでは「葫芦絲:フルス」の出展が
ものすごく増えていました。
形がユニークで単純構造。
音を出したりちょっと吹くの(演奏という意味ではありません)も簡単だし、物によってはリーズナブル価格。
ということで親しみやすいことも普及しやすい条件でしょうか。

≪葫芦絲≫または≪芦蘆絲≫
このブログのトップにもいろいろな中国笛の一部をを簡単に紹介しておりますが、
葫芦絲の≪葫芦≫とは瓢箪のこと。瓢箪の笛なんですよ。

中国読みの発音が「フルス」に近いので、そのままフルスと読むことが多いです。
≪葫芦≫を「コロ」と読む日本の辞書もありますね。

葫芦絲 葫芦絲 巨大葫芦絲

画像左から 葫芦絲/葫芦絲縮小/巨大葫芦絲 上海国際楽器博覧会にて

巨大葫芦絲がどのくらい巨大かというと
画像背面の紅白幕(?)にずらりと並んで展示されてるのが普通サイズのフルスです。
さらに比較のため、縮小したのが中央画像の葫芦絲。

 ―どうだっ!でかいでしょ。
たくさんの楽器屋さんが居並ぶブースで、こうやって巨大化することで
アピールしてるんですね。中国大陸らしくて楽しいですね。

普通サイズの葫芦絲の演奏風景。
(上記の右画像の絵の付いたほうの葫芦絲を吹いてます)

葫芦絲トリオ

佳音トリオで≪葫芦絲トリオ≫です。
こんどの9月6日のLSAライブでは「お月さま」をテーマにした曲の1つとして
この葫芦絲トリオ&伴奏隊で雲南省タイ族の曲調を元にした曲も演奏します。

葫芦絲トリオが見たい方、葫芦絲の音色をお聴きになりたい方、
佳音シクステットの演奏を楽しんで見たい方、ご来場をお待ちしております。

・・・・・て、結局宣伝か?(笑)
関連記事

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

06:01  |  葫芦絲 hulusi  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |