FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

笛子って?

- 中国笛のいろいろ-
中国7000年の歴史を持つというだけに奥は深い。 笛子と一言で言っても種類は多いのです。
「笛子」で笛類全般を指すときと、横吹きの笛をさす時と両方あります。 後者は中国笛・竹笛・横笛・笛・ChaineesBanbooFlute・・言い方はいろいろ。
曲笛 梆笛 大笛(=低音笛) 洞簫 排簫 葫蘆絲 巴烏 塤 口笛 陶笛 ・・・etc 私所有の中国笛類はこのくらいかな。

- 主な中国笛について-
●笛子(dizi) ディイズ  てきし
・・・中国周代にはすでに演奏されていた竹製の横笛。6つの指孔と吹き口の間に膜孔があり、葦の茎の内側の薄膜を張って独特の響きを作り出す。前漢代には中国各地へ広まり、現在、民間で最も親しまれている竹笛(木・石もあり)。中国南方のやや長い曲笛(qudi)と北方の短い梆笛(bangdi)をはじめ、様々な種類がある。
●口笛(koudi) コウディ
・・・歴史は浅く、1970年代上海の楽器工場で笛子制作で廃材となった短い竹管を利用して作られ、上海出身の笛子奏者:兪遜發(2006年1月没)が広めたとされている。50ミリ弱の長さの竹に吹き孔が1つのタイプと75ミリ前後で吹き孔と指孔併せて5つあるものの2種類。親指で閉じた竹筒の両端の開閉と息の入れ方などで音階を調整する。鳥の鳴き声の模倣などの曲目で活躍する楽器となった。
●巴烏(bawu) バウ
・・・竹製の横笛で指孔が前に6つ、後ろに1つあり、リードを埋め込んだ吹き口を唇でふさぐように覆って息を吹き込む。倍音をもたず音域は1オクターブと1音。近年になって改良が進み、加健(key付)のものが登場。これにより音域が広くなった。雲南省などに暮らす哈尼族や彝族が使う伝統的な吹奏楽器。
●葫蘆絲(hulusi) フルス
・・・葫蘆はヒョウタンをさす。瓢箪に3本の長さの違う竹管が差し込まれた縦笛。瓢箪内部の竹管の先端には銅のリードがはめ込まれ、真ん中の竹管には6つの指孔がありメロディ用。両端の竹管はドローン管で息を吹き込むとリードが震えて3本同時に音が出る。音域は1オクターブと一音。ドローン管の音が不要なときは竹管の底に栓をする。雲南省に暮らすイ泰(タイ)族が舞曲などの演奏に用いる楽器。長音、和音を多用し、柔らかく絹がそよぐような音色に奏者の感情を表現する。
●塤(xun) シュン けん
・・・古代の吹奏楽器の一つ。狩猟用の笛を前身とし、古くは骨製や石製であったが、やがて陶製が作られ始め殷代に形が定まった。7000年前の浙江省の遺跡から発見されたものは陶製である。外形や素材は歴史の流れにより異なり、丸型、底の平らな卵形、中ほどがくびれた魚形などさまざま。素材も現在では陶製のほかに樹脂製や木製のものも。音孔も8孔、9孔10孔のものがある。くぐもった優しい響きをもっている。
●洞簫(dongxiao) ドンシャオ どうしょう
・・・竹製の縦笛で指孔は前面に5つ(または7つ)後ろに1つ。「簫」ともいう。簫の起源は古く骨製の縦笛であったといい新石器時代には竹で作られるようになる。宋代には管孔がつつぬけ(開管)ていることから指孔付きの1本の単管を「洞簫」、指孔のない長短の竹管が排列されたものを「排簫」と呼び分けるようになる。日本の尺八は一尺八寸の洞簫が伝えられたものと言われる。
●排簫(paixiao) パイシャオ はいしょう
・・・秦漢代から唐代に「簫」といえば単音の簫が排列されたこのパンパイプスタイプの「排簫」を指した。長短の竹管13~24本を長さの順に並べた型の簫、中央部の管長が短く両端に及ぶほど長いものを鳳翼形の枠に収めた形の簫、竹製のほかに玉製のものなどもある。
※この記事はSNSのmixiのコミュニティ「笛まにあ。」から発展して開催された「第1回万笛博覧会」の解説用として2006年に作成したものです。

-- 最後まで読んでくださってありがとうございました♪--

2020.07.21 (Tue)

Atelier Gepetto

畑の夏野菜をもらい受けに行った先で、前々から気になっていたご近所の古民家へ伺いました。

アトリエゼペット

突然の訪問であるにもかかわらず(しかも私は初対面)、家主のフランス人トマさんは歓迎してくださり、お家の中へ迎え入れてくださいました。

そこは西洋と日本の融合したようななんともノスタルジックな空間。

そこにあるオルガン(エレクトロダイモニウム)たちはすべてトマさんの手作り。

手回し小

手回し楽譜カード  手回し黒

トマさんのオルガンについてるラッパをみて小林くんのラッパ二胡が、
音色とkeyの話の中で中国の高音笙や中音笙が脳裏をよぎりました。

アンドロイド 手回し大 

ユニークなパーカッション(これも手作り)にアンドロイド。
生演奏を聴いてみたいと伝えると、大型モニターでYouTube画像を放映。
手回しオルガンの伴奏でシャンソンを歌うトマさん&more♪
おぉ~♪♪

田舎の村にこんなパフォーマーが、ミュージシャンが居られたなんて!

コーヒーをいただきながら、楽器の話に音楽の話とトマさんの世界に引き込まれ、わくわくしっぱなしの私たち。
はたと気付くと、さっきまで畑で野菜を収穫していたので私は首に手ぬぐいを巻いたまま、
妹はもんぺに割烹着で首にはクールタオルという装束。。。
そして今は外で演奏を、パフォーマンスをする機会が激減とのこと。

コロナのあほたれ!

まあいっぺん、見てください。こんな感じです。
https://youtu.be/ZzffedRUCbw
https://youtu.be/x-guI9IGTUg
トマさんのYouTubeより


もっともっとお話を、楽器の音色をお聴きしたかったのですが、次の機会に。
そのときは各種笛子持参で一緒に楽しめたら、
ということで後ろ髪を引かれる思いで工房アトリエゼペットを後にしました。
関連記事
23:23  |  音楽 misic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.06.28 (Sun)

粛々と吹いてます

週末の中国笛での主な音楽活動は大阪市
県をまたぐ移動でもあり、昨今のコロナ観戦拡大防止のため自粛をしておりました。

が移動自粛要請が解除されて落ち着いてきたところで
万全の対策をしてその1つである楽団の排練に参加しました。
 ※排練:合奏練習またはリハーサルを表す中国語で中華系の楽団の常用語です

三密を避け。。
消毒、換気、keep distance ⇒ OK!
マスク着用 ⇒ ムリ~、なのが管楽器奏者であります。

アクリル板で組み立て式の飛沫感染ガードを制作して練習場に郵送
、、できなくは無いのですがもう少し簡易に
ということで
音楽関連の友人知人の知恵をお借りした簡易横笛シールドを2種、用意

その1 曲笛用 
クリアファイルで製作
飛沫ガード曲笛
※お知恵拝借謝謝 原田先輩!

その2 梆笛用 
ワイヤー入りマスク利用
飛沫ガード梆笛
※お知恵拝借謝謝 OBAKA笛師匠!

番外編
フルーティストの間でちょっと話題のフルート用の野外演奏のための風よけなるものも割合有効で、輸入可能なようですが、
如何せん、フルートのように1本で演奏が可能でない中国笛奏者にとっては難あり。
曲中での笛の持ち替え何度かあり、時には1小節の休符の間に瞬時に、という場合、瞬時の付け替えは不可能。となると最低2個は必要ですもんねぇ。
win-d-fender 
(画像は販売元より引用させていただきました)

でも、1個買おうかな。


関連記事
23:54  |  笛子 dizi  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.05.06 (Wed)

「おうちにいようよ」 徒然と

ステイホームなゴールデンウィークも最終日となりました。

食料品の買い物と早朝ウオーキング以外、家の敷地内から出ることはほぼ無い日々。(職場も敷地内)
どちらさまもきっと同じでしょう。

3月半ばからの自粛生活の中で
 ◆出来たことなど
 マスクを作る 〇
 お菓子を作る 〇
 糠床に糠を足す 〇
 毎朝のウオーキング △

 ◆できてないこと
 毎日の基礎練習/循環呼吸奏法完成 
 断捨離~
 

ウオーキング、ウイークデーは仕事(8時~17時)があるので、6時前後に開始。7時前までには帰宅できる距離で実行。
土曜はちょっと時間も距離も伸ばして。
日曜は片道3キロほど歩いて、予約済の食パンをパン工房まで引き取りに。
だいたい定着しつつあります。
隣町のスーパーにも歩いて行くことも。荷物を増やすまいと無駄な買い物減らせて一石二鳥かも。

IMG_4446.jpg
◆ウオーキングコース 何度か同じところで出逢う人と声を交わすことも。

IMG_4445.jpg
◆定点観測かな ほぼ同じ時間、ここで鳥たちがソーシャルディスタンスを守って?くつろいでるのをみるのも楽しみの一つ。

 20年以上ぶりに再開した中国語講座はwechatを利用してオンライン講座に。
オンライン講座を体験してから、スマホやタブレットを使ったオンラインの遣り取りのハードルが下がり、スカイプやZOOMなどにも興味津々。そして、お試しにmessengerを使ってビデオおしゃべり会をしたところ、楽しい!
久々に友の顔をみてしゃべって、声を出して笑ったように思います。
来週は楽器持って画面の前に集合してみる?という提案もあったけど、夜間に音を出せる環境ばかりではなく、衛星放送のような音のずれもあるし、却下。
でも音だしOKなメンバーが弾き語るのに合わせて口ずさんだり笑ったり、それもまた楽しい時間。

「たくのむ」「ZOOM」「メッセンジャー」「LINE」とあれこれ手段をつかって離れてても友だちとオンラインでの遣り取り。
マイナスなことばかりではないですね。

 プラスなことといえば、、、
毎週末大阪に通うようになって20年弱。
ここ2カ月行かないことになっていちばん喜んでいるのは財布かな(笑)
駅の駐車料金と公共交通機関の料金合わせて一往復¥4,500ちょい。なかなかの出費であったこと実感です。

さておき、ステイホーム、いろいろありますが、普通の日常生活が送れるようになる日が一日も早くきますように。

たのむで、ほんま。
関連記事
18:52  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.04.07 (Tue)

中止になりました

「緊急事態宣言」の対象となる7都府県に仲間入りしてしまいました。

今は感染拡大を防ぐこと。

20200510sara.jpg

別件の3月の演奏予定が延期になった時点では、5月の連休前に調整。。くらいの軽いきもちでした。
来週、4月11日と12日の2日で3回公演の演奏、準備の甲斐なく期限なしで延期。
連休の演奏、中止。
そして本日、こちらのイベントでの演奏も中止がきまりました。

こんなときですもんね。

どんなプログラム(内容)にする?
何吹こ?
何着る?
と楽譜広げて、
ネット検索して新曲見つけて楽譜購入して、チャレンジする!と決めて。。。
そんなワクワクする時間はあっという間。

今はいろんなことを整理して充電する時期ということで。
ああ、そういえば、そんなことあったな、と笑ってネタに出来る日がきたら吹き倒すといたしましょう。

一日も早くこの状況が終息して、
予期せぬ病気と闘ってる方々やその周囲の方々、波紋を受けて辛い時期の方々、
そして誰もが、いつもとかわらない普通の生活を取り戻せるよう心から願っております。

関連記事

タグ : 笛子

18:48  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.03.20 (Fri)

『繋げる』@サロン&ギャラリー 安暖庭

暖かいお彼岸の中日
海の見えるギャラリー『安暖庭(あんだんて)』で友人の真里さん(雅号:河谷沙月)の「三人展(書・額・絵)」の鑑賞。

書家でありながら病で利き手の自由を失い、リハビリを受けている時に「じゃあ左で書いてみたら」と勧められてからの再スタート。
今回はお父様(雅号:河谷豊翆)とお嬢さん(の書も賛助作品として並び、初の親子三代での出展とのこと。

◆リハビリを続ける中、利き手じゃない左手で書いた書 すごっ!
IMG_4238s(Edited).jpg

真里さんとは20代で出逢ってどのくらい時間が経ったか
・・ボケたんちゃいますよ!
私が笛子と出会えたのも、たどりたどれば中国語を勉強してた真里さん繋がりがはじまりの一つかもしれない。

◆『繋げる』 書:河谷沙月
IMG_4248s.jpg

在廊中の真里さんと久々におしゃべり。
次々と訪れるお客さま。窓の外にはいつもの海。

◆ギャラリーの窓からパチリ!
IMG_4253s.jpg

海沿いの山の中腹にあるギャラリー安暖庭。
ここへ来る坂の名前は「すばる坂」
すばる坂は桜が開花。そして雲は❤型♪

IMG_4275s.jpg




IMG_4278s.jpg
 



 
 
 ◆三人展(書・額・絵)
 サロン&ギャラリー安暖庭(アンダンテ)
 http://minatonoandante.web.fc2.com/
 たつの市御津町室津字七曲896-193
 道の駅みつを東に200mの坂の上の白い建物
 3月20日(金)~3月25日(水)10:00~16:00
 ※ただし23日(月)と25(水)は午前中のみ 
  入場無料


関連記事
23:57  |  芸術 art&芸能 entertainments  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.01.06 (Mon)

2020年ニューイヤーコンサート

ここ数年のお楽しみ
音友たちと待合せて西播磨交響楽団ニューイヤーコンサートに行ってきました。

プログラム構成は
第1部 音楽で世界一周!
第2部 ニューイヤーコンサート

6DD3A50B-CC0D-436A-A7A1-56754706FF90-4776-00000227211AF7D4.png
ジョン・ウィリアムズの『オリンピック・ファンファーレとテーマ』で始まった第1部は『ジョン・ウィリアムメドレー』で〆。
まだ見れてないけどスターウォーズや、ジョーズやスーパーマンやE.Tのあのメロディの破片をちりばめたメドレーにワクワクいたしました。


IMG_4037s.jpg
会場である赤とんぼ文化ホール、キャパは1100席とききましたが、ほぼほぼ満席!
MCでも紹介ありましたが、この団始まって以来の来客かも、ということでした。
びっくり!!

IMG_4040s.jpg

そして、第2部に入る休憩時間に舞台中央、指揮者とコンミスの間に置かれた座布団と鉄の何か。。

昨日の新聞で見たやつですね「『鍛冶屋のポルカ』に刀工共演」
https://www.kobe-np.co.jp/ne…/seiban/202001/0013007119.shtml

本物の刀鍛冶の方とお弟子さんが舞台上で演奏に合わせてトンカチトンカチと刀?を打って共演。
(実際はトンカチのリズムが一定でなく、指揮者が合わせてる感ありましたが(笑))。
こんな聞いたこともない共演を見聴きすることができたってお得♪

指揮台の横にハンドマイク設置でMCも兼ねる指揮者氏。
いろんな場面での「ある程度の年齢の方にはおなじみですが」的なフリに反応の少ない客席ながら、ええ、全部わかりましてよ、な私たち。

中でも、ついこの間TVで取り上げられてた山本直純氏の「オーケストラがやって来た!」のオープニング曲だったヨハン・シュトラウスの『常動曲』、
途中のホルンのメロディが出たら後をついて直純よろしく「♪オーケストラが―やってきた~」と声に出して唄ってしまいそうになりましたよ♪

アンコールはお決まりの『美しき青きドナウ』に待ってましたの『ラデッキー行進曲』。
家でEテレでも楽しんでますが、生で、地元で、知ってる人の指揮で聴けることがほんとに幸せな時間でした。
また、来年も!!

最後に、
一部の途中で舞台上でアクシデントがあり、会場にお医者様いらっしゃいますか、、、な場面を1000人を超す観客が見守る中、穏やかに落ち着いて観客にも安心できる、演奏をつづけて聴くことができるような対応をされたMC兼指揮者氏に心を込めて拍手!!
関連記事
01:31  |  Live♪ 聴いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.01.02 (Thu)

令和二年 あけましておめでとうございます。

令和二年 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_4016s.jpg

7時9分、初日の出@御津自然観察公園 のぼり岩

昨日なら日の出と干潮が重なって兵庫百景のひとつ、新舞子の干潟が見えたたそうです。
元旦の本日、干潮は8時半ごろ。あと1時間待ってたらよかったかなぁ。。
関連記事
00:25  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT