2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

笛子って?

- 中国笛のいろいろ-
中国7000年の歴史を持つというだけに奥は深い。 笛子と一言で言っても種類は多いのです。
「笛子」で笛類全般を指すときと、横吹きの笛をさす時と両方あります。 後者は中国笛・竹笛・横笛・笛・ChaineesBanbooFlute・・言い方はいろいろ。
曲笛 梆笛 大笛(=低音笛) 洞簫 排簫 葫蘆絲 巴烏 塤 口笛 陶笛 ・・・etc 私所有の中国笛類はこのくらいかな。

- 主な中国笛について-
●笛子(dizi) ディイズ  てきし
・・・中国周代にはすでに演奏されていた竹製の横笛。6つの指孔と吹き口の間に膜孔があり、葦の茎の内側の薄膜を張って独特の響きを作り出す。前漢代には中国各地へ広まり、現在、民間で最も親しまれている竹笛(木・石もあり)。中国南方のやや長い曲笛(qudi)と北方の短い梆笛(bangdi)をはじめ、様々な種類がある。
●口笛(koudi) コウディ
・・・歴史は浅く、1970年代上海の楽器工場で笛子制作で廃材となった短い竹管を利用して作られ、上海出身の笛子奏者:兪遜發(2006年1月没)が広めたとされている。50ミリ弱の長さの竹に吹き孔が1つのタイプと75ミリ前後で吹き孔と指孔併せて5つあるものの2種類。親指で閉じた竹筒の両端の開閉と息の入れ方などで音階を調整する。鳥の鳴き声の模倣などの曲目で活躍する楽器となった。
●巴烏(bawu) バウ
・・・竹製の横笛で指孔が前に6つ、後ろに1つあり、リードを埋め込んだ吹き口を唇でふさぐように覆って息を吹き込む。倍音をもたず音域は1オクターブと1音。近年になって改良が進み、加健(key付)のものが登場。これにより音域が広くなった。雲南省などに暮らす哈尼族や彝族が使う伝統的な吹奏楽器。
●葫蘆絲(hulusi) フルス
・・・葫蘆はヒョウタンをさす。瓢箪に3本の長さの違う竹管が差し込まれた縦笛。瓢箪内部の竹管の先端には銅のリードがはめ込まれ、真ん中の竹管には6つの指孔がありメロディ用。両端の竹管はドローン管で息を吹き込むとリードが震えて3本同時に音が出る。音域は1オクターブと一音。ドローン管の音が不要なときは竹管の底に栓をする。雲南省に暮らすイ泰(タイ)族が舞曲などの演奏に用いる楽器。長音、和音を多用し、柔らかく絹がそよぐような音色に奏者の感情を表現する。
●塤(xun) シュン けん
・・・古代の吹奏楽器の一つ。狩猟用の笛を前身とし、古くは骨製や石製であったが、やがて陶製が作られ始め殷代に形が定まった。7000年前の浙江省の遺跡から発見されたものは陶製である。外形や素材は歴史の流れにより異なり、丸型、底の平らな卵形、中ほどがくびれた魚形などさまざま。素材も現在では陶製のほかに樹脂製や木製のものも。音孔も8孔、9孔10孔のものがある。くぐもった優しい響きをもっている。
●洞簫(dongxiao) ドンシャオ どうしょう
・・・竹製の縦笛で指孔は前面に5つ(または7つ)後ろに1つ。「簫」ともいう。簫の起源は古く骨製の縦笛であったといい新石器時代には竹で作られるようになる。宋代には管孔がつつぬけ(開管)ていることから指孔付きの1本の単管を「洞簫」、指孔のない長短の竹管が排列されたものを「排簫」と呼び分けるようになる。日本の尺八は一尺八寸の洞簫が伝えられたものと言われる。
●排簫(paixiao) パイシャオ はいしょう
・・・秦漢代から唐代に「簫」といえば単音の簫が排列されたこのパンパイプスタイプの「排簫」を指した。長短の竹管13~24本を長さの順に並べた型の簫、中央部の管長が短く両端に及ぶほど長いものを鳳翼形の枠に収めた形の簫、竹製のほかに玉製のものなどもある。
※この記事はSNSのmixiのコミュニティ「笛まにあ。」から発展して開催された「第1回万笛博覧会」の解説用として2006年に作成したものです。

-- 最後まで読んでくださってありがとうございました♪--

2018.04.15 (Sun)

八尾二胡発表会

音友が二胡講師をしている会の発表会でした。

佳音トリオでよく演奏させていただく機会があった八尾、
久々です♪

fc2blog_201804181807562df.jpg


年齢が大きいお姉さま方も多く、繰り返し繰り返し、同じことを尋ねられても
何度も同じ注意点を丁寧に対応している様子がそこここから伝わってきます。

今回は久々にパーカッションのH兄さんも一緒に演奏のお手伝い。
中国の民謡、日本の唱歌なども含めたくさんの曲目を笛子で一緒に演奏させていただきました。
そして、リクエストだった葫芦絲。会場のかたと一緒にいつもの曲(^^)vと葫芦絲二重奏。
たくさんの笑顔に出会えました♪


天気予報通りに曇り時々雨。
それもあり私と言えば血圧上昇気味で「半分青い」耳。。

リハーサルを終えて一呼吸入れたら、耳も慣れてきました。

全員合奏、グループ別に斉奏や重奏、そして独奏や二重奏。
たくさんのお客さまの中で、一年間の練習の成果を発表される生徒さんたち。
いい先生に恵まれて幸せですね。

fc2blog_20180418180853187.jpg


わたしもがんばろ。


関連記事

タグ : 笛子 二胡 葫芦絲

07:44  |  佳音 kanon  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03.11 (Sun)

【広報】第7回ハートフルフェスティバル(3/11 姫路)

ハートフルフェスティバルで演奏します

第7回東北復興支援プロジェクト ハートフルフェスティバル 心のコンサート
2018年3月11日(日)
11:00~16:00
雨天決行(荒天の場合中止)
姫路駅前キャッスルガーデン芝生広場
入場無料

パンチアウト・スチール・オーケストラの演奏は、
11:00~12:00
の予定です。

お時間ありましたらぜひ!

ハートフルコンサート2018

・・・・・パンチアウト・スチール・オーケストラ ブログより引用

関連記事
01:09  |  Live♪ 広報!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.18 (Sun)

ネコ、二胡、笛子の音楽会!ありがとうございました!!

「アートになった猫たち展」会期中のイベントの一つだったミニコンサート、たくさんのお客さまにお越しいただき、楽しく演奏させていただきました。

ネコ展 ネコ展2
展示スペースに入りきらず、ドアの外まで椅子を追加していただいての観覧席。
寒い中、ありがとうございました。

応援に駆けつけてくれた音友のみんなにも感謝!

アンコールは『犬のおまわりさん』。

ネコ展3

迷子になったままの子ネコちゃんを展示会場から探し出すことができないほど、たくさんの猫たち。展示数は200点ほどですが、一つの絵の中にもたくさんの猫たちが。。その数、学芸員さんすら数えるのを断念するほどだったとかとか(笑)。圧巻の展示で時間が足りませんでした。猫好きの方、浮世絵好きの方、まあいっぺんご覧になってください。展示は3月4日まで。
関連記事
00:45  |  Live♪ 吹いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.03 (Sat)

【広報】「正月初三は、ネコ、二胡、笛子の音楽会!」(2/18・姫路)

書写の里・美術工芸館では現在、新春特別展「アートになった猫たち―近現代アートから浮世絵まで―」が開催されています。

アートになった猫たち展201802003アートになった猫たち展201802002

その関連催事として、2月18日(春節から数えて三日目)、
「正月初三は、ネコ、ニ胡(にこ)、笛子(ふえこ)の音楽会」と題して、中国楽器による演奏会が開かれます。

演奏は二胡:太田、笛子:寺田(以上姫路中国音楽アンサンブル)、ピアノに福本さんのトリオ編成。
姫路市文化交流財団が発行する「文化情報姫路・2月号」にて
姫路中国音楽アンサンブルをご紹介いただきました。
http://himeji-culture.jp/14bunkajyoho.html
記事は、そのご紹介をかねて書いていただいたものです。

ミニコンサート
「正月初三は、ネコ、二胡、笛子の音楽会!」


◆日時/2月18日(日)  14:00~15:00

◆出演/姫路中国音楽アンサンブル
    太田明日香(二胡)・寺田瑞穂(笛子)・福本聖美(ピアノ)

◆場所/姫路市書写の里・美術工芸館 
     姫路市書写1223番地  TEL 079-267-0301
     http://www.city.himeji.lg.jp/kougei/
     展示室A通路

☆コンサートは当日どなたでもご覧いただけますが、入館料が必要です。
  (一般 ¥300)



書写の里・美術工芸のブログにご紹介いただきました。
http://kougeikan.exblog.jp/

正月初三(旧正月から数えて3日目),、書写の里・美術工芸館、よろしければお運びくださいね。
http://www.city.himeji.lg.jp/kougei/index.html
関連記事
16:56  |  Live♪ 広報!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.01 (Mon)

あけましておめでとうございます2018

あけましておめでとうございます。
2018 年賀ブログ用

2017年の年越しは恒例の書寫山圓教寺。
ロープウエイで山上に到着後、摩尼殿を目前にした山道で「あけおめ」の挨拶となりました。

摩尼殿を見上げると空には明るいお月さま。


今年の書寫山「新春夢之書」は【潔】ケツ。いさぎよい。
020.jpg

住職の解説をきいて、気持ちを引き締めた後に引いたおみくじ。ことしも「凶」((+_+))。ここではよくあること←私だけ?
神仏からのメッセージだと思って、精進せねば、と心に誓ったのでありました。

034.jpg

山上の展望台で姫路の夜景を見て、ロープウエイで下山。
凛とした空気感を例年より強く感じたのはイルミネーションがなかったからと帰りにふと気づいた次第です。

「凶」のおみくじでさらなる精進を決心したことはしたんですがね、心が弱くて、、
これまた恒例のコース、播磨国総社(はりまこくそうしゃ)こと射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)へ初詣。

長蛇の列を作って輪抜けで罪穢れを祓い清めて神社へ。
037.jpg

お詣りのあと、そう、おみくじですよ!
image1.jpeg 041.jpg
こんどは「大吉」いただきました❤
そして、「ご神米」と「後神塩」を分けていただきました。
まずは体の中から清めます(笑)。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
17:42  |  話題 topic  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.03 (Sun)

【広報】クリスマスピュアコンサート(12/16 兵庫県太子町)

ご縁ありまして、って何がどういうご縁かわからないもんです。
・・・・・長文読むのめんどくさい方、すっとばしてチラシ画像とそのあとに進んでください(笑)

 *  *  *  *  *

ネパール震災救援のチャリティーコンサートパンチアウト・スチール・オーケストラで出演【スティールパン】

顔見知りのホールスタッフA氏と再会。

A氏と10年前に中国楽器トリオの佳音(かのん)黄昏コンサートの依頼を受け演奏した話で盛り上がる。【中国笛】

A氏より次の黄昏コンサートパンチアウト・スチール・オーケストラでの演奏依頼を受け、本番楽しむ。【スティールパン】

友人Bが親友であるピアニストCさんを伴って黄昏コンサートにご来場。
友人BがCさんにFacebookなどからピックアップした私の演奏情報や画像を適時紹介。

Cさんより「スチールパンもMCも楽しかった~。ので中国笛の演奏を」と打診受ける。?← これ、おかしくないですか?

Cさんとその音楽仲間D氏より二胡・笛子・ピアノでの演奏打診。【中国笛】
Cさんには木魚で参加強要(笑)。×2回の本番

Cさんが音楽仲間と毎年開催しているクリスマスコンサートに、Cさんから演奏依頼。【中国笛】
喜んで受諾。そして広報 ← イマココ


前置きが長くなりました。すんません!!
つまりはご縁があって今に至ったいろんな演奏が楽しめるクリスマスコンサートのご案内です。

クリスマスピュアコンサート2017s

クリスマスピュアコンサート

日時 12月16日 (土) 17:30 開演
会場 太子町文化センターあすかホール ロビー
     兵庫県揖保郡太子町鵤1310番地1
    電話:079-277-2300
入場 無料
   
ま、今後どんな展開になるのか、ある意味楽しみでもあります。
よろしければお越しくださいませ。
こちらのロビー、とっても素敵な空間なんですよ。
関連記事
03:34  |  Live♪ 広報!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.27 (Mon)

やまぼうしコンサート2017

村岡温泉のふもと、香美町のCafe&Gallery 森ちゃんの隠れ家。
こちらで毎年定期演奏会をされてるギター・ボーカルトリオ「やまぼうし」さんからお誘いいただき
数曲、演奏に参加させていただきました。

いろいろご縁てあるもんですね。

やまぼうしの数あるレパートリーの中にBIGINの「パーマ屋ゆんた」という曲があり、
琉球笛付きのバージョンを演奏したいのでいつか笛を吹いてほしい・・・という話が実現したわけであります。

実は、この歌、知らなかったのですが、Youtubeで検索して聴いてみるといい唄なんですね。
速攻、耳コピで笛パート採譜。あとは実際に唄うキーに合う笛を選べば準備OK。

調べて分かったのですが、琉球笛のルーツは中国大陸から渡ってきた中国笛。
笛膜があるのが中国笛:笛子の特徴ですが、琉球に渡って年月が流れた今、笛膜を貼る孔は無いのが普通になってきたようです。
ということで、中国笛吹きのお姉さんの出番になったわけです、ちゃんちゃん♪

いただいた楽譜は歌詞にコードが書かれたもの。
音符は無いんかい!!とか細かいことは置いといて、気持ちよく迎え入れてくださいました。

やまぼうしのお兄さん方、練習に次ぐ練習の練習魔!!!
ず~っと三人でギター弾いて唄って、基本真面目です。
じゃまにならないよう、ついていきます、的な笛吹きのワタクシ。

たくさん気遣いいただき、ちょっとだけの出番でしたが
うきうきと楽しく吹かせていただきました。

手を伸ばせば届く客席にはPAN仲間たち。
私はええとここ取りでちょこっと笛吹かせていただいて、楽しゅうございました。

お世話になったやまぼうしのみなさま&ご家族のみなさま&PAN友なみなさま、
ありがとうございました!
こんな楽しいなら、また寄してくださいね(^^)
関連記事
00:43  |  Live♪ 吹いた!  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT